アライグマ・イタチ・ハクビシン駆除の事なら害獣駆除110番TOP > 最新情報・レポート > イタチの捕獲は許可が必要!イタチを追い出す方法、自分で捕獲する法律など防除策を徹底解説!

最新情報・レポート

イタチの捕獲は許可が必要!イタチを追い出す方法、自分で捕獲する法律など防除策を徹底解説!

イタチの捕獲について

イタチは野生動物を守る「鳥獣保護法」が適用されるため、許可のない捕獲は法律で罰せられます。

 

さらに捕獲は申請まで時間がかかるため「家にいるイタチを何とかしたい!」ならすぐに試せる、追い出しから試してみましょう。

 

この記事では、イタチの追い出しから行政に申請が必要な許可捕獲についてなどイタチ被害に関する情報をまとめました。
ぜひ参考にしてください。

 

しかしイタチの追い出しや捕獲はむずかしく、失敗すると再びイタチが戻ってきます。
追い出し・駆除、清掃や再発防止までやることも多いため自信がないかた、時間がないかたは一度プロに相談してみましょう。

 

弊社【害獣駆除110番】は、害獣駆除専門の会社です。
はじめてのかたが見落としがちなイタチの侵入路なども、プロがしっかり調査しふさぐため安心です。

まずは無料の現地調査と無料見積もりの作成からはじめますので、今イタチ被害でお困りならば【害獣駆除110番】へご相談ください。

害獣被害でお困りなら、害獣駆除110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-085 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

自宅にイタチが住み着いた!まずは追い出しから試そう

自宅でイタチの被害が出たら、「追い出すか捕獲するか?」のふたつです。
捕獲は許可が必要で時間がかかるため、まずはすぐにできる追い出しから試しましょう。

イタチの嫌いなニオイやくん蒸剤を試そう

イタチなどの野生動物は強いニオイを嫌います。
木酢液、漂白剤、お酢やクレゾール石鹸をまいてみましょう。

 

木酢液は自然由来の防虫剤で、自然や人体に害はありません。
クレゾール石鹼も同じく害はなく、医療現場で消毒や殺菌で使用されているものです。
木酢液はホームセンター、クレゾール石鹸は薬局で購入できます。

 

使い方は簡単。
新聞紙をピンポン玉大に丸め、そこに木酢液などをかけます。
できたニオイ玉を屋根裏や軒下、イタチが侵入しそうな場所にまいておくと、イタチが嫌がり出ていくかもしれません。

 

また、ゴキブリ退治で使うくん蒸剤タイプの殺虫剤が効いたケースもあります。
ただし、たいていのくん蒸剤は「犬や猫のペットに安心=哺乳類にも安全」で、イタチを殺傷するものではありません。

イタチは点滅する光がキライ

イタチは強い光や点滅する光を嫌います。
そこで、クリスマスのイルミネーションでイタチを追い払います。

 

イタチが侵入しそうな場所や屋根裏にイルミネーションを設置しておけば、イタチが嫌がります。
より反射するようにアルミ箔をライトの後ろに張っておくと効果的ですよ。

 

クリスマスのイルミネーションがご家庭にあれば、試してみましょう。
参考:大阪府[イタチでお困りの方へ]

イタチを追い払ったら、清掃と再侵入防止

ニオイや光でイタチを追い払えても、イタチが戻ってくるかもしれません。
追い払ったら清掃と再侵入防止策をおこないますが…これがとても大変なんです…。

 

イタチが家の中を汚していた場合、清掃をおこないます。
イタチは屋根裏や床下に巣を作るため、チェックし掃除します。

 

この時、イタチが本当にいないか確認しましょう。
この後に出入り口をふさぎますが、閉じ込めてしまうとイタチが生活スペースに来る、中で死亡する可能性があるからです。

 

清掃が終わったら、次は侵入経路の特定です。
イタチはペットボトルのフタ(約2.8㎝)ほどの穴をすり抜けられます。

 

見落とせば、再び侵入されるため屋根の上、外壁、軒下など徹底的に探しましょう。
侵入経路が特定できたら、金網、針金やパンチングという通気用の穴が開いた鉄の板などを使いふさぎます。

 

これで、終わりですが…、清掃や侵入防止策をおこなうのは結構大変です。
もしも「自分にはできそうもない、とてもめんどくさい」と感じたら【害獣駆除110番】にご相談ください。

 

【害獣駆除110番】は害獣駆除の専門業者です。
そのため、害獣の特定、追い出し・駆除、清掃・消毒、再侵入防止策まですべて弊社がおこないます。
電話は24時間365日、全国から受け付け。
イタチの被害に気が付いた深夜や早朝でもOKです。

 

まずは無料の現地調査と無料の見積もりを作成しますので、お気軽にお電話ください。

害獣被害でお困りなら、害獣駆除110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-085 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

イタチの捕獲には法律がある。法律解説と正しい手順

イタチは野生動物のため「鳥獣保護法」に守られています。
そのため、許可なく捕獲、殺処分、狩猟してはいけません。

鳥獣保護法とは

鳥獣保護法とは「野生動物を保護。適正な狩猟をうながす」法律です。
そのため許可なく野生動物を捕まえるなどが、禁止されています。
※ネズミなど環境衛生に重大な影響を与える動物は一部対象外。

 

自分でイタチを捕まえる場合には「捕獲許可申請」か「狩猟申請」をおこないます。
狩猟については後で説明するため、まずは捕獲許可についてみていきましょう。

捕獲許可申請の流れ

捕獲許可申請は市役所などの行政でおこないます。
許可が降りるまで数日かかるため、余裕をもって行動しましょう。

1.害獣の特定
2.捕獲許可の申請、関係書類の提出
3.罠を仕掛けて捕獲
4.捕まえたイタチを自分で処分する
5.清掃・消毒、再侵入防止を自分でおこなう

1.害獣の特定

捕獲許可の申請では、捕まえる害獣を指定します。
この場合はイタチですね。

 

しかし、「イタチかどうか自信がない…」というかたは、後述でイタチに似た動物について解説しています。
そちらを参考にして、害獣を特定してください。

2.捕獲許可の申請、関係書類の提出

次に捕獲許可申請の書類を提出します。
捕獲許可は「原則狩猟免許を持っている人」に加え、自治体によっては「地域の代表者である」などの条件がある場合があります。

 

書類については行政によって異なりますが、イタチの捕獲件数が多い大阪市を例に見ると必要書類、捕獲区域の地図と申請者の身分証明書が必要です。

参考:大阪府大阪市[有害鳥獣の捕獲許可の手続き]

3.罠を仕掛けて捕獲

箱罠のイメージ図

参考:Amazon

許可が降りたら、敷地内に罠を仕掛けます。
イタチの場合は、上記のような箱型の「箱罠」を仕掛けることが多いでしょう。

 

行政によっては、罠の貸し出しを無料でおこなっている地域もあります。
たいていの場合、罠の数には限りがあるため申請書類を提出するときに申し出ましょう。

4.捕まえたイタチを自分で処分する

うまくイタチが罠にかかったら、捕まえたイタチを自分で処分します。

 

ただしこれは行政によって指導がことなり、「自分で殺処分する、山へ逃がす、行政の職員が引き取る、保健所のような施設に持ち込む」などさまざまです。

 

どのような対応になるか、捕獲許可申請の時にしっかりと尋ねておきましょう。

5.清掃・消毒、再侵入防止を自分でおこなう

行政では害獣に汚された家を、掃除してくれる制度や法律などはありません。
そのため、許可捕獲後は自分で清掃します。

 

もしどうしても清掃ができない場合は、行政が紹介する清掃業者に依頼する流れになるでしょう。

 

イタチは屋根裏や床下に巣を作ります。
自分でおこなう場合は、頭上や足元に気を付けて清掃をおこないましょう。

 

再発防止策は先に少し紹介しましたが、針金や鉄の板などでイタチの出入り口をふさぎます。
イタチは3㎝の隙間を通り抜けられるため、ペットボトルのフタサイズの穴を通り抜けられるでしょう。

 

見落とさないように十分に注意してください。
参考:法令検索 e-GOV[鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律]

イタチを捕獲してくれないの?

行政にイタチ被害を相談すると、たいていは行政が紹介する害獣駆除業者に有料で依頼する流れになります。

 

捕獲後の清掃や再発防止などは、行政ではおこなわないか別途追加料金となるでしょう。

自分での捕獲は大変そう…なら【害獣駆除110番】にご相談ください

イタチの追い出しは手間がかかり、捕獲は法律により申請が大変です。
どちらも慣れていないと大変なため、むずかしそうならプロに依頼しましょう。

 

弊社【害獣駆除110番】は民間の害獣駆除業者です。
民間の駆除業者と行政の違いは「すべてまかせられるかどうか?」

 

行政では害獣の特定や捕獲後の清掃などはおこないませんが、民間の駆除業者ならすべてまとめておこないます。

 

許可捕獲にかかわる手続きも弊社があらかじめおこなうため、面倒な手続きは要りません。

 

【害獣駆除110番】の場合は、無料の現地調査と無料見積もりの作成からはじまり、捕獲から清掃、再発防止策まですべてまとめておこないます。


イタチの駆除は24,800円(税込)から対応しています。
24時間365日依頼受付中なので、まずはお気軽にご相談ください。

害獣被害でお困りなら、害獣駆除110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-085 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

狩猟と許可捕獲の違い

同じように聞こえますが、じつは狩猟と許可捕獲は意味合いがずいぶん違います。
ざっくりいうと「狩猟は狩り・捕まえられる動物が48種類だけ。許可捕獲は生態系や農業に被害を与えるすべての動物を捕まえられる」です。

狩猟と許可捕獲の主な違い
狩猟 捕獲
捕まえられる動物 法律で決まっている48種 狩猟対象48種と狩猟対象以外の動物
期間 法律で決まった時期だけ 申請すればいつでも
目的 問わない 生態系への被害防止、農業への被害防止、個体数の調整など
狩猟方法 猟銃や罠など、決められた狩猟方法(法定狩猟) 方法は問わない(爆弾、毒薬など危険なものは制限あり)

参考:農林水産省[捕獲に関する基礎知識]

例えば、近年ニホンザルが農作物を荒らして問題になっています。
しかし、ニホンザルは狩猟対象の「狩猟鳥獣」に指定されていないため、狩猟できません。
ですが、許可捕獲なら狩猟鳥獣に含まれないニホンザルでも捕獲できるんです。

 

イタチも狩猟鳥獣に指定されており、申請を出せば狩猟での捕獲可能です。
ただし、狩猟は「狩猟期間が決まっている、ニホンイタチはオスだけ、メスは対象外。チョウセンイタチはオスメスどちらもOK」などちょっとややこしく、すぐに対応できません。
(チョウセンイタチについては次の章で解説します。)

今すぐ対応したいのならば、許可捕獲のほうがよいでしょう。

メスのイタチを捕まえたら罰せられるの?

許可捕獲申請を提出していれば問題ありません。
狩猟は「メスのイタチは捕獲禁止」ですが、許可捕獲なら「害獣全般」を捕獲してもよいからです。

 

ただし、誤って捕獲した場合は行政によって対応が異なります。
たいていは逃がすことになるかと思いますが、行政に連絡してください。

 

また「大きなネズミかと思っていたらイタチだった」と意図せずイタチを捕獲した場合も、行政に相談すれば問題ありません。

参考:環境省[野生鳥獣の保護及び管理 ~人と野生鳥獣の適切な関係の構築に向けて~]

イタチの生態を知って、防除しよう!

イタチの写真

イタチの生態を知れば、防除しやすくなります。
簡単にイタチの生態をまとめたので確認しましょう。

 

日本には在来種の「ニホンイタチ」と外来種の「チョウセンイタチ(別名シベリアイタチ)」
がいます。

 

現在ニホンイタチは数が減っているため、イタチによる被害のほとんどはチョウセンイタチによるものです。
そこで、主にチョウセンイタチの生態をまとめて紹介します。

分布 主に西日本に分布
体長 (オス)28~39cm (メス)25~31cm
しっぽの長さ、特徴 16~21㎝ほど、黄色っぽい色
繁殖期 4~5月に交尾、6~8月に育児をする
エサ 雑食性。
動物性の食べ物を好み、カエルやカニを食べる。捕獲用のエサは、から揚げなど脂っぽい食べ物がおすすめ。
そのた オス・メスで体の大きさが異なり、オスのほうが大きい。

イタチの捕獲数は大阪府がダントツ!西日本を中心に数が多い

2016年イタチを捕獲した都道府県

※イタチの捕獲がない都道府県はグラフから省いています。
環境省の「平成28年に捕獲許可による捕獲鳥獣数」によると、イタチの捕獲件数は大阪府・京都府・滋賀県に多いです。

 

あくまで捕獲した数のため、被害はもっと多いと予想されますが、西日本にお住まいのかたはイタチ被害に特に注意です。

 

また、データを見ると飛騨山脈など山の多い岐阜県も2番目に多い捕獲件数です。
飲食店の数が多い都会の大阪府から自然の多い岐阜県まで、イタチの被害は油断できません。

参考:環境省[平成28年に捕獲許可による捕獲鳥獣数]

誤った捕獲、誤認を減らす。イタチに似た動物たちを知ろう

日本にはイタチに似た動物が数種類生息しています。
また、慣れていないとイタチとほかの動物をすぐに判断するのはむずかしいですよね。
そこで、イタチとほかの動物を見分ける方法をまとめました。

イタチの大きさ比較

イタチとほかの動物の大きさ比較

おおよそですが、家に侵入する動物の大きさをまとめました。
今回はわかりやすく猫と柴犬を追加、以上をふまえると「イタチは猫よりも小さく、ネズミよりも大きい」ということ。

 

また、「柴犬と同じかそれ以上ならアライグマやハクビシンの可能性」があります。

参考:環境省 [犬猫の大きさと流通しているケージに関する調査結果]

イタチやほかの動物の足跡

屋根裏から「トトトトッ!」という小さな生き物が走り回る足音がしたら、イタチやネズミなど小型の生き物の可能性が高いでしょう。
屋根裏、庭や外壁にこんな足跡がないかチェックしましょう。

【小型獣】イタチ・テン・ウサギ・リス

ネズミよりも大きな足音が聞こえた場合。
アライグマやハクビシンなどの中型の動物かもしれません。
同じく屋根裏や庭先に動物の足跡がないか探してください。

【中型獣】アライグマ、アナグマ、ハクビシン、タヌキ、キツネ、サル

また、アライグマやハクビシンは木登りが得意な生き物です。
外壁だけでなく、雨どいに足跡がないか見てください。
ハクビシンの足跡はイタチやアライグマ、タヌキに似てる!動物の足跡では、より詳細に違いをまとめています。
こちらも併せて参考にしてください。

イタチに似た動物たち

日本にはイタチに似た動物がたくさん生息しています。
簡単に確認しておきましょう。

 

また、万が一捕獲誤って捕獲したら行政や警察に相談しましょう。

ハクビシン

ハクビシンの写真

全国に広く分布、イタチと同じく屋根裏に住み着く害獣のため注意。
綱渡りが得意で、電線の上もわたる。
イタチと比べると60㎝とかなり大型。

ネズミ

ネズミの写真

全国に広く分布し、飲食店街での被害も多い。
種類によって異なるが、ドブネズミは体長30㎝近くと大きなものもいる。
イタチの体長も大体30㎝ほどのため、誤って捕獲する可能性がある。

テン

テンのはく製の写真

※写真ははく製です。
本州や四国に生息。
冬になると明るく黄色っぽい色、夏はやや黒ずんだ色になる
イタチよりもやや大きい
めったに人前に姿を見せないが、近年農作物を荒らし問題になっている

フェレット

フェレットの写真

人懐っこく、ペットして有名。
野生ではなく、迷子や捨てられた個体の可能性が高い。
捕獲したら警察に相談しよう。

オコジョ

オコジョの写真

北海道にいるエゾオコジョが有名、本州には東北から中部地方に生息。
冬になると真っ白な毛になる、尾の先が黒い
準絶滅危惧種で、捕獲や狩猟は禁止。

もうイタチを家に入れない。再侵入防止策

イタチは環境が変わらない限り居座り続け、追い払っても何度も戻ってきます。
うまく追い払えたら、先に紹介したニオイなどイタチがキライなものでイタチを寄せ付けないようにしましょう。

 

また、少し意識するだけでもイタチの侵入は防げます。

こまめな草刈り、枝払い

野生動物は基本的に人間に隠れながら行動します。

 

そのため、家の周りに草が生え放題。
木の枝が屋根にかかっているようだと、イタチが隠れて行動しやすく、侵入されやすくなるんです…。

 

こまめに草を刈り、枝払いをしてイタチが移動しづらいようにしましょう。

エサとなるものを置かない、意識しないエサに気を付ける

イタチは雑食性の動物です。
ニワトリを食べ、農作物などを食い荒らす被害が報告されています。
そのため、生ごみや店舗の商品を夜中に食い荒らされるといった被害もあるんです…。

 

また、獣害は人間が意識していないエサも被害を広げる原因です。

 

家庭菜園をやっているかたで、家庭菜園の野菜は守っても野菜くずや収穫しきれなかった野菜をそのままにしていませんか?
柿やビワの木が庭にあるかたで、自分たちが食べる分だけ収穫して後はそのままにしていませんか?

 

人間には損害がない食べ物がイタチを呼び寄せるエサになっているかもしれません。

 

生ごみを外に置かないのはもちろん。
採りきれなかった野菜や果物はゴミとして処分するか、地中深くに埋める。
もしくは、埋めた場所に囲いを立てるなどして対策を取りましょう。

参考:農林水産省[野生鳥獣被害防止マニュアル アライグマ、ハクビシン、タヌキ、アナグマ(中型獣類編)

まとめ

イタチを自分で駆除するには、鳥獣保護法の「捕獲」か「狩猟」をおこないます。
ただし、どちらも慣れていないと大変なのでしっかり手順や関係する法律を勉強しておきましょう。

また、まずはすぐに試せる「追い出し」がおすすめです。
うまくイタチが追い出せたら、侵入路をふさいだり、草刈りをしたりしてしっかり防除に努めましょう。

参考文書:
国土交通省[イタチ(ニホンイタチ)]
国立環境研究所[侵入動物データーベース]

害獣被害でお困りなら、害獣駆除110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-085 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
0120-949-085
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
他社との比較

害獣駆除に関するよくあるご質問

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら