アライグマ・イタチ・ハクビシン駆除の事なら害獣駆除110番TOP > 最新情報・レポート > ハクビシンの駆除方法が知りたい!ハクビシンは木酢液を嫌がるって本当?自分で追い出す方法から捕獲手順まで解説します!

最新情報・レポート

ハクビシンの駆除方法が知りたい!ハクビシンは木酢液を嫌がるって本当?自分で追い出す方法から捕獲手順まで解説します!

ハクビシンの駆除って何をすればいいの?気になる情報全部まとめ

ハクビシンは鳥獣保護法に守られているため、許可のない捕獲や駆除はできません。
しかし!ハクビシンの追い出しには許可がいりません。

そこでこの記事ではすぐにできるハクビシンの追い出し方法から自分でできるハクビシン捕獲方法まで、ハクビシン被害にまつわる情報をぎゅっと1ページにまとめました。

ハクビシン被害でお悩みのかたは、ぜひ参考にしてください。

また「ハクビシン退治に時間がかかるのはイヤ。すぐに何とかしたい」「自分でハクビシンを追い出したり、捕まえたりはちょっと…」というかたは【害獣駆除110番】にご相談ください。

害獣駆除110番】はハクビシンの駆除をおこなう民間業者です。
24時間365日被害に気が付いたら、すぐにご相談いただけます。
まずは無料の現地調査と無料見積もりの作成からはじめますので、お気軽にお電話ください。

害獣被害でお困りなら、害獣駆除110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-085 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

1. ハクビシンを追い出したい!ハクビシン確認方法とすぐできる追い出し方法

ハクビシンの捕獲には法律的な手続きが必要です。
後述で解説しますが、時間や手間がかかるためまずは手続きのいらない追い出しを試しましょう

でも追い出しのその前に、被害を出している動物が本当にハクビシンか確認しましょう。

ハクビシンの特徴と足跡

ハクビシンの特徴

ハクビシンの写真

漢字で「白鼻芯」と書く名前の通り、顔の白い線が特徴です。
体長は60㎝ほど、体長35㎝の日本猫や40㎝の柴犬と比べるとかなり大きな動物です。

ハクビシンはフンを溜める「溜めフン」の性質があります
民家に侵入する生き物ではタヌキも溜めフンをしますが、タヌキは柴犬よりもやや大きい45㎝ほどです。

もしも「溜めフンがあり、柴犬よりも大きな生き物を見かけた!」となれば、ハクビシンの可能性が高いでしょう

巣を作るのは「屋根裏・天井裏、床下、倉庫や空き家」などさまざまな場所です。
人家に住み着いた場合、「天井にくさいシミが浮いてきた、夜中に足音がうるさい」などの被害が報告されています。

天井裏や床下に溜めフンはないか?足音はどうか?などを確認しましょう。

ハクビシンと似た動物の足跡

【中型獣】アライグマ、アナグマ、ハクビシン、タヌキ、キツネ、サル

庭や家の外壁に、ハクビシンの足跡がないか探します。
次の章で詳しく解説しますが、ハクビシンは電線を渡り、木登りがうまい動物です。

そのため、雨どいやできれば屋根の上などもチェックしましょう
被害がハクビシンと断定できたら、次はいよいよ追い出しです。

ハクビシンの追い出しは害虫駆除用のくん蒸剤

バルサンなど害虫駆除用のくん蒸剤のニオイをハクビシンは嫌がります。
屋根裏や床下などに住み着いたら、試してみましょう。

ちなみに市販の殺虫剤はたいてい「犬や猫など哺乳類のペットにも安全」で、ハクビシンを駆除する能力はありません。

あくまで、ハクビシンを追い出すだけの道具だと理解して使いましょう。

ハクビシンは木酢液のニオイがキライ

ハクビシンなどの野生動物は、強いニオイを嫌います。
そこで木酢液や竹酢液を試してみましょう

木酢液と竹酢液は木や竹を炭にする際にとれる副産物です。
人体に害のない天然由来の防虫剤として利用され、ホームセンターなどで購入できます。

木酢液などは、焦げたような酸っぱいような独特なニオイをしているためハクビシンが嫌がるんですね。

直接床などに散布してもよいのですが、直接吹きかけるのが嫌なら布や紙などに染み込ませ散布しましょう。

ただし!木酢液によるハクビシンの忌避は、2~3日で効果がなくなった実験結果もあります
「ニオイが嫌でも危険はない」とハクビシンが学習し、戻ってきては意味がありません。
木酢液で追い出せたと感じたら時間をおかず、すぐに侵入口をふさぎましょう

参考:
新潟県新潟市[ハクビシンによる生活環境被害]
農林水産省 [被害対策の取組事例]

2. うまく追い出せたら「清掃、再発防止、予防」をおこなおう!

ハクビシンをはじめ、害獣は一度追い出してもまた戻ってくる場合があります
うまく追い出せたら安心せずに、再発防止や予防策に努めましょう!

まずは清掃をおこなう

ハクビシンを本当にすべて追い出せたか、どうか確認します。
このあとハクビシンの侵入路をふさぎますが、もし逃げ遅れたハクビシンがいたら家の中に閉じ込めてしまいます。

ハクビシンがいそうな場所の近くで大きな音を鳴らし、ハクビシンがいないことを確認しましょう。

いよいよ清掃です。
ハクビシンは1ヵ所にフンを溜める「溜めフン」の習性があります。
溜めフンは放っておくと天井のシミや家屋の腐敗を招くため、きれいに取り除きましょう。

フンにはカビ、ハエやウジが発生しているかもしれません…。
吸い込んだり、素手で触れたりしないようにマスクやゴム手袋などで防御しましょう。

再発防止のDIY

掃除が終わったら、次は侵入口をふさぎます。
ハクビシンは8~9㎝ほどの穴から家の中に侵入します。

握りこぶしの大きさは成人男女ともに8㎝ほどといわれているので、握りこぶしを目安に穴や隙間が空いていないかチェックしましょう。

チェックが終わったら、金網や針金などで侵入口をふさぎます。

ハクビシンは木登りや綱渡りが得意な動物なため、屋根の上からも侵入します。
屋根の上も忘れずに確認しましょう。

参考:農研機構[ハクビシンは狭い隙間から侵入できる]

最後に予防も徹底しよう!

最後にハクビシンが戻ってこないように、予防をおこないましょう。
ハクビシンが一度住み着いたなら、エサ場が近くにあるなどハクビシンが住みやすい環境の印です。

ふとしたきっかけで再びハクビシンが家に侵入、ご近所など別の建物に侵入する恐れもあるため戻ってこないように環境を替えましょう。

まずは草刈りと枝払いです
ハクビシンをはじめ野生動物は、人間に隠れながら行動します。
草が生え放題で身を隠しながら移動でき、屋根にかかった枝を使い家に侵入しやすくなるため草刈り、枝払いをおこないましょう。

次はハクビシンのエサを取り除きます。
生ごみのほか、家庭菜園や家庭菜園で出たくず野菜や収穫しきれなかった農作物もきちんと処理しましょう。

とくにハクビシンは果物が大好きです。
「採るのは大変だし…」とそのままにしている柿やビワの木などはありませんか?
人間に被害がない「意識しないエサ」がハクビシンを呼び寄せる原因です。

ゴミとして廃棄する、地中深く埋めるなど対策を取りましょう。

ハクビシンを自分で追い出す際には、追い出しから清掃、再発防止までやることが多くてとても大変です…。

ひとりでおこなうと疲れるだけでなく、ケガや事故の恐れもあるため家族や知り合いと声を掛け合って複数人でおこなうことをオススメします。

しかし「毎日忙しいのに、さらにハクビシンの追い出しまではムリ。家にいる動物がハクビシンかどうかわからない」かたは、害獣駆除業者に依頼して代わりにやってもらいましょう。

弊社【害獣駆除110番】は、全国展開している24時間365日対応の害獣駆除業者です。
ハクビシン被害に気が付いたらすぐに、深夜早朝でもすぐに対応いたします。

お電話いただけたらまずは無料の現地調査と無料の見積もりの作成からはじめますので、お気軽にご相談ください。

害獣被害でお困りなら、害獣駆除110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-085 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

3. ハクビシンってどんな生き物?意外と知らないハクビシンの生態まとめ

ハクビシンは謎が多く、生態調査もあまり進んでいない動物です。
この章からはより詳しいハクビシンの生態や被害状況からみていきましょう!

ハクビシンの写真

分布 ほぼ日本全都道府県に分布
体長 60cmほど
しっぽの長さ、特徴 40cmほど
細く、長い尾の先が黒いしっぽ
繁殖期 3~12月に出産
鳴き声 キャッキャッ、キャーキャー

ハクビシンは外来種か在来種か、はっきりとしていない…

ハクビシンが海外から持ち込まれた「外来種」なのか、ずっと日本にいた「在来種」なのか、いまだにわかっていません。

ハクビシンのDNAを研究した日本の学者によると「日本と台湾のハクビシンのDNAに共通点が見つかった。よって、日本のハクビシンの一部は台湾由来ではないか?」としています。

ただ2021年4月現在、日本の外来生物を取り締まる法律「外来生物法の特定外来生物」にハクビシンは指定されていません

特定外来生物に指定されると、駆除に関する動きが変わるため害獣駆除業者や農業関係者にとっては気になるところですが…。
国の方針としては今のところハクビシンを指定する予定はないようです。

参考:
増田隆一[ハクビシンの多様性化学]
環境省 [日本の外来種対策 特定外来生物等一覧]

垂直ジャンプ、垂直登りができ高いところも平気

ハクビシンは「樹木生活者」とも呼ばれ、木の上で生活しています。

1m以上の壁でも垂直にジャンプ、木登りが得意で屋根の上を渡り歩きます

ハクビシンは細い隙間も入れ、綱渡りも得意

大体8~9㎝ほどの穴や隙間があれば、ハクビシンは家の中に侵入します。

人の握りこぶしは男女ともに8㎝ほどといわれているため、握りこぶしよりもわずかに小さい穴やギリギリ通る通気口などがあったら要注意!
ハクビシンが家に侵入する恐れがあります。

ハクビシンの体長は60㎝と、体長40㎝の柴犬と比べるとかなり大きな動物ですね。
ですがイタチのようにしなやかな動物のため、小さな隙間でも通り抜けられるんです。

さらにハクビシンは綱渡りが得意。
都市部に生息しているハクビシンが、電線を渡って移動している姿も目撃されています。
参考:農研機構[ハクビシンは狭い隙間から侵入できる]

ハクビシンは夜行性。複数のねぐらを持っている

昼間に動くこともありますが、たいていは人間が眠っている夜間に行動します。
夜じゅう活動しているわけではなく、一度ねぐらで休憩をはさんで明け方まで行動します。

そのためドタバタとハクビシンが歩き回る音で、明け方になっても眠れないと困るかたも多いんです…。

ハクビシンは行動範囲の中にねぐらをいくつも持ち、ねぐらを転々と生活します。
夜の一時休憩も、いくつかあるねぐらのひとつを使い休みます。

ハクビシンの好物は果物、基本なんでも食べる雑食性

農作物などはもちろん、生ごみ、ナメクジやネズミなども食べるため民家の近くに出没します。

しかし傾向としては果物を好み、農作物の被害もブドウなどの果物が多めです。
ハクビシンの味覚を実験したところ「うまみ成分(グルタミン酸)、甘味(ショ糖)を選択する反応が見られた。反対に苦み(カフェイン)、アルコール(エタノール)は選択しなかった」とのことです。
参考:農研機構[営農管理的アプローチによる鳥獣害防止技術の開発]

ハクビシンは溜めフンをする

溜めフンとは、1ヵ所にフンを溜めてする習性のことです。
タヌキのためフンが有名ですね。

屋外なら溜めフンをしていてもさほど問題はないのですが…。

屋根裏の場合、溜めフンにより天井にシミが出て、天井が腐るかもしれません。
さらにフンにカビが生えたり、食中毒を媒介するハエが発生したりと大変です。

ハクビシン被害を放っておくと病気の恐れがあるんですね。

4. ハクビシンを捕まえたい!知っておくべき「鳥獣保護法と許可捕獲」

「何度追い払ってもハクビシンが戻ってくるので、もう我慢できない!」とハクビシンの捕獲を考えるかたも多いようですね。

しかし、ハクビシンの捕獲には「鳥獣保護法」がかかわるためまずは法律の勉強をしてからおこないましょう。

鳥獣保護法とは?

ざっくり鳥獣保護法をまとめると「野生動物を保護しよう。そのため、勝手に捕獲・駆除・狩猟してはいけない」という法律です。
※環境衛生に被害があるネズミは対象外。

ハクビシンを捕獲するには「ハクビシンを含む法律で指定された48種の動物を捕まえる『狩猟』」か「農作物などに害がある動物全般を捕まえる『許可捕獲』」のどちらかです。

狩猟も捕獲も行政に申請しますが、狩猟は「狩猟期間内のみ。狩猟免許を持っていないとダメ」などさらに制約があります。

しかし許可捕獲は申請さえ通れば、だれでも、いつでもハクビシンを捕獲できます。
そのため、たいていのかたは「許可捕獲申請」をおこなう流れになるでしょう。

許可捕獲の流れ

許可捕獲はお住いの地域の行政機関で申請できます。
許可捕獲の流れをざっくりまとめると以下の通りです。

1.害獣の特定
何を捕まえたいか?どんな被害があるか?などを報告するため

2.許可捕獲に関する書類の申請
いつ、どこで、だれが、なぜハクビシンを捕まえたいか?などを記載。
行政機関によって申請条件は、異なる場合がある。

3.罠の設置
申請が通れば罠を仕掛ける。ちなみに、罠は行政機関で貸してもらえることもある。

4.ハクビシンの捕獲、捕獲後の処分
捕獲したハクビシンは、原則自分で処分する。

5.清掃、再発防止策などをおこない終了
行政機関では、清掃まで補助してくれない。
基本家主が自分でおこなう。

許可捕獲の申請や害獣に対する行政機関の対応は、地域によって異なります。

ハクビシン被害の多い地域では、「罠の貸し出しから捕獲したハクビシンの引き取り」までおこなう地域もあれば、「アライグマは対応しているが、ハクビシンは対応外」のところもありまちまちです。

許可捕獲申請の条件に「狩猟免許の情報を記載すること」を義務付けている地域もあれば、「敷地内であれば免許なしでも有害鳥獣の捕獲ができる」の地域もあります。

詳しい対応はお住いの地域を管轄する、市区町村などの行政機関をご確認ください。
参考:
群馬県吾妻市[狩猟免許を持たない方の有害鳥獣捕獲について]
環境省[捕獲許可制度の概要]

5. ハクビシン駆除をプロに依頼した際のメリット、デメリット

ハクビシンの追い出しや捕獲を自分でおこなうのはかなり大変です。
自分での追い出しが大変な時には、ハクビシン駆除のプロに依頼しましょう。

しかし、害獣駆除なんて普段から利用するものではないですよね。
ハクビシンの駆除を自分でおこなう場合と、プロに依頼する場合のメリット・デメリットをまとめました。

駆除業者に依頼 自分で捕獲をおこなう
メリット 害獣の特定から再侵入防止まですべてやってくれる 数百円から数千円でハクビシン駆除ができる
デメリット 費用が数万円程度かかる 法的な手続きも含めてすべて自分でおこなう

ハクビシン駆除を頼むべきメリット

  • プロだから確実に追い出し・駆除してくれる
  • 法律的な申請、実際の追い出し・駆除、捕獲後の処理、清掃、再発防止の工事まですべて代わりにやってくれる
  • 危険な作業もプロだから、安心、安全

ハクビシン駆除をプロに頼むメリットは「確実、すべてまかせられるお手軽さ、安全性の高さ」です。

電話やメールで依頼をすれば、家主がおこなうことはありません。
見積もりや現地調査で出た金額に納得し、契約をおこなえばあとはすべておまかせできます。

プロに依頼した際のデメリット

  • 費用がいくらになるかわかりにくい

デメリットは「費用」です…。
ハクビシン駆除の費用は安くても数万円程度はかかります。
自分で追い出し作業をおこなう場合と比べて、かなり高額ですね。

しかし業者に依頼すれば法的な手続きから、再侵入防止策まですべてやってもらえるのはもちろん。
プロがおこなうため、ハクビシンをはじめとした害獣が再びご自宅に侵入するのを徹底的に防いでくれます

ハクビシンなどの害獣は、1度住み着いたら「安全な場所」と学習し戻ってくる場合があります。
その都度追い出しや再侵入防止策をおこないますが、ハクビシンもニオイやくん蒸剤を学習し出ていきにくくなるでしょう。

何度も追い出し作業や再侵入防止のDIYをおこなうと体力と費用がムダになるだけじゃなく、不完全なDIYとハクビシンのせいで家屋が痛んでいたなんてことも…。

徹底的にムダなくハクビシンを駆除したいなら、駆除業者に依頼したほうがオススメです。
ちなみに、ハクビシン駆除は「費用がいくらかかるか把握すること」が大切です。

駆除費用は被害の大きさや敷地の広さによって異なるため現地調査をしてもらい、必ず見積もりを取ってこの値段でいいかじっくり考え家族に相談しましょう

もしもハクビシン駆除で見積もり無料の害獣駆除業者をお探しなら、【害獣駆除110番】に一度ご相談ください。

害獣駆除110番】は、見積もりと現地調査が無料!
ハクビシン駆除の費用も追加料金なしのコミコミ価格でおこなうため、あとから費用が増えません。

ハクビシン被害で今悩んでいるのなら【害獣駆除110番】にお気軽にご相談ください。
24時間365日対応、いつでもお電話お待ちしています。

害獣被害でお困りなら、害獣駆除110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-085 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

6. 行政機関でハクビシン駆除はやっていないの?

行政機関にハクビシンの相談をするとたいていは、行政が地元の害獣駆除業者を紹介してくれます。
行政機関が紹介した業者にハクビシン駆除を依頼する場合、費用は家主が支払います。
2021年4月現在、家屋に対するハクビシン被害に対する補助金を出している行政はないようです…。

「どんな業者になるか?費用はいくらか?」などは紹介される業者によって異なるため、わかりません。
またハクビシンに家を汚された、再発防止の工事が必要な場合も家主が費用を支払い依頼します。

基本的には行政機関に相談しても、民間の駆除業者に依頼してもあまり変わらないんですね。

7. まとめ

ハクビシンは身体能力が高いためわずかな隙間を通り抜け、木を登って屋根の上に登ります。
ハクビシンの追い出しや捕獲を自分でおこなう際には、隙間を見逃さず、屋根の上も徹底的にチェックして再発防止を徹底しましょう。

害獣駆除業者に依頼する場合は、必ず見積もりを取り家族と相談してからおこないましょう。

また弊社【害獣駆除110番】は、無料の現地調査と無料見積もりの作成からはじめます。
「はじめての害獣駆除で相場がわからず不安…」なら、お気軽にお電話ください。
あなたのご自宅にあった駆除費用をご提案いたします。

害獣被害でお困りなら、害獣駆除110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-085 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

参考:
農林水産省[ハクビシンの基礎知識]
国立環境研究所[侵入動物データベース]
農林水産省[行政担当者が知っておくべき獣害対策の基本]

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
0120-949-085
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
他社との比較