アライグマ・イタチ・ハクビシン駆除の事なら害獣駆除110番TOP > 最新情報・レポート > 害獣駆除と法律|捕獲する前・した後の義務

最新情報・レポート

害獣駆除と法律|捕獲する前・した後の義務

害獣駆除と法律

害獣駆除には法律が深くかかわっています。たとえ有害鳥獣と呼ばれる野生動物でも、許可なく捕獲したりすれば法律違反です。

また、捕獲後の処分方法に関しても厳格にルールが定められています。そのため、害獣を自分で捕獲しようとしている方は作業を始める前には許可申請をおこない、終えた後には決められた処分の方法にしたがってください。

知らない間に法に違反することが不安なら、害獣駆除は業者にまかせてください。害獣駆除110番までお電話いただければ、自分で許可申請をしなくても害獣を駆除することができます。違反してから「知らなかった!」ではすまないことも多いので、困ったときはすぐにご連絡ください。

害獣被害でお困りなら、害獣駆除110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-085 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

害獣駆除と法律の関係|自然を守る鳥獣保護管理法・外来生物法

人間の生活に被害を与える動物を害獣といいます。しかし、害獣も元をたどればただの野生動物です。野生動物は自然の生態系の一部でもあるため、そのバランスを保つために法律で守られています。

そんな野生動物としての害獣の駆除を規制している法律が「鳥獣保護管理法」と「外来生物法」です。

鳥獣保護管理法※1 正式名称は「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」。生態系の多様性を守ることで、自然環境からの与えられる恩恵を保護・管理する目的で作られている法律。
外来生物法※2 国内の自然の生態系を守るために、在来種ではない生き物を許可なく捕獲・輸入することを規制する法律。もともとあった自然に影響を与える可能性のある野生動物を特定外来生物として規制している。

つまり、生態系を守るために害獣などの野生動物を許可なく捕獲することを鳥獣保護管理法は禁止しているのです。また、捕獲した野生動物を飼育したり誰かに譲渡したりすることは、外来生物法に違反します。

たとえば、屋根裏に侵入してきた鳥獣保護管理法の対象となっている野生動物を罠かごなどで捕獲した場合、許可がなければ法律違反となります。さらに捕獲した野生動物をだれかに譲ったりすれば、外来生物法にも違反します。自分の敷地内であろうが、害獣から被害を与えられていようが違反となってしまう点には注意しましょう。

見た目が似ているそのほかの動物

法律で守られている害獣の例

以下は法律で駆除が規制されている動物の一例です。※3

イタチ

褐色の体毛と強い口周り、黒い顔が特徴的なイタチは鳥獣保護管理法で捕獲が規制されている動物の一種です。また、人の生活圏でよくあらわれるイタチにはニホンイタチとチョウセンイタチという2種類がおり、このうちチョウセンイタチは外来種です。そのためチョウセンイタチは外来生物法によっても守られています。

アライグマ

アニメなどでもおなじみのアライグマはじつはカナダが原産の動物です。また、哺乳類でもあるため鳥獣保護管理法・外来生物法の両方が対象となっています。

ハクビシン

ハクビシンはマレーシアやインドネシアなどの東南アジア出身の外来生物です。そのため法律によって捕獲や輸入が強く規制されています。

イノシシ

畑などを荒らすイノシシも鳥獣保護管理法で守られているため、勝手に捕獲したりすることはできません。

ハト

マンションのベランダなどに住み着いて糞害などを与える鳩も、むやみに傷つければ法律違反になってしまいます。

カラス

カラスもゴミをあさるなど人の生活に影響を与える動物ですが、法律で守られているため駆除するためには許可を取る必要があります。

ネズミ(いえネズミ除く)

ネズミはほかの野生動物とは異なり、種類によって規制が変わります。家の中によく出没するドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミは駆除に許可が必要ありませんが、そのほかのネズミについては鳥獣保護管理法の対象です。

このように、人の生活に被害を与えることの多い野生動物のほとんども法律によって捕獲が規制されています。もし違反したりすれば、罰則を科せられることもあるため注意が必要です。

イタチを自分で駆除することが、法律違反になる場合もあります

無許可で害獣を捕獲してしまった場合は罰則が課されることも

鳥獣保護管理法・外来生物法に違反した場合の罰則は次の通りです。

鳥獣保護管理法に違反 1年以下の懲役または100万円以下の罰金※4
外来生物法に違反 3年以下の懲役または300万円以下の罰金※5

このようにそれなりに重い罰則が課せられることもあります。害獣を捕獲する際は必ず許可を取らないといけません。

自分で害獣駆除をするとき必要な申請の手順|許可捕獲について

害獣は「有害鳥獣捕獲」の許可申請をおこなうことで、駆除をすることもできます。許可捕獲はお住まいの地域の自治体でおこなうことが可能です。場所によって保健所であったり、市役所であったりします。

一例として、名古屋市で申請をする際に必要な情報は以下の通りです。※6

  • 実際に捕獲をおこなう人の住所・氏名・生年月日・職業
  • 捕獲しようとしている鳥獣(卵含む)
  • 捕獲の目的
  • 捕獲をおこなう期間

以上の情報を申請書に記載して、都道府県知事・環境大臣の審査をまって許可認定証が交付されます。※7

一方、外来生物法に関しては鳥獣保護管理法の許可さえとれば、捕獲の際に違反になることはありません

尻尾の違い

狩猟免許の資格を持っている場合は手続きを省略できる

もしあなたが狩猟免許を取得していた場合は、許可捕獲の申請をしなくても特定の害獣を捕獲することができます(その場合は許可捕獲ではなく狩猟という扱いになります)。ただし、以下のような制約があることには注意が必要です。

  • 毎年狩猟者の登録をおこなうこと
  • 法令に基づいて定められた狩猟期間中に限ること
  • 狩猟免許によって使用を許可されている道具以外を使わないこと
  • 狩猟の対象は狩猟鳥獣に指定されている48種の野生動物のみとすること

こうした制約さえ守れば、ハクビシンやイタチといった狩猟鳥獣に指定されている害獣は駆除することができます。詳しくは環境省が公開している狩猟制度の概要をご覧ください。

  • 狩猟制度の概要|環境省
  • 業者を利用すれば大変な手続きもいらない

    自分で害獣を捕獲しようと思うと非常に多くの手続きが必要です。時間もかかるため、その間にも害獣の被害は進行していきます。

    そのため「今すぐ駆除したい!」という場合は、業者を利用するほうがおすすめです。業者を利用しての駆除であれば、許可の申請などもすべて任せることができるでしょう。

    害獣駆除110番ではさまざまな害獣の駆除を受け付けています。電話一本ですべて解決いたしますので、煩雑な手続きなども必要ありません。ぜひご利用くださいください。

    害獣被害でお困りなら、害獣駆除110番にお任せください!
    通話
    無料
    0120-949-085 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
    現地調査
    お見積り 無料!

    捕獲した害獣はすみやかに苦痛のない方法で殺処分する

    自分で捕獲した場合、その後の処理にも注意が必要です。鳥獣保護管理法では以下のように定められています。

    鳥獣又は鳥類の卵の捕獲等又は採取等をした者は、適切な処理が困難な場合又は生態系に影響を及ぼすおそれが軽微である場合として環境省令で定める場合を除き、当該捕獲等又は採取等をした場所に、当該鳥獣又は鳥類の卵を放置してはならない。

    鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律|e-Gov

    つまり、捕獲したあとは放置をせず、責任をもって処分をしなければならないということです。また、その処分の方法についてもなるべく苦痛を与えない方法を選ばなければなりません。※8

    処分の方法について各自治体によって定められている場合も多く、引き取ってもらえる場合もあるため、一度市役所などに相談してみてもよいかもしれません。

    捕獲した害獣を逃がすことは禁止されている

    害獣を捕獲したとき、近くの野山に捕獲した害獣を逃がすことは絶対にしてはいけません。申請をして捕獲した野生動物は、その時点で有害鳥獣となります。逃がしてしまえば、別の人にまた被害を与える可能性があるので、捕獲した人が責任をもってしっかり処分しなければなりません。

    ここまで解説してきたように、自分で許可を得て害獣を捕獲することには非常に多くの法律が関係してきます。違反した場合は重い罰則が課せられることもあるため、細心の注意が必要です。

    「自分には難しい……」と感じたら、業者を利用することをおすすめします。業者であれば、駆除に必要な許可・申請を代わりにやってもらうことができるため、知らないうちに法律に違反してしまうといったことを防げます。

    害獣駆除110番までご連絡いただければ、お近くのすぐに駆け付けられる業者をご紹介しますので、ぜひご利用ください。

    ハクビシンを撃退するには【駆除の流れ】

    法律に触れない害獣対策|追い出し・侵入防止

    ここまで害獣駆除の際に注意すべき法律について解説してきましたが、法律に触れない駆除の方法もあります。それは「追い出し」「侵入対策」です。

    追い出し

    侵入してきた野生動物を忌避剤や苦手なにおいを使って追い出す方法です。追い出しであれば、動物に直接危害を与えないため、法律に違反することなく駆除することができます。

    害獣忌避剤屋根裏害獣ニゲール 300ml

    画像引用元:Amazon(最終閲覧日3/26)

    侵入防止

    次に侵入対策です。野生動物が家の中に入るためには入口が必要なので、その入口をふさいでしまえば侵入は不可能になります。イタチやハクビシンなどはほんの小さな隙間さえ通ることが可能ただ、です。害獣に関して知識のない人がすべての侵入口を塞ぐことは非常に難しいです。

    害獣駆除110番
    までご連絡いただければ、害獣について知りつくしたプロをご紹介できます。すべての侵入口を塞いでしまえば、もう屋根裏で糞尿をまき散らされることもありません。害獣の悩みから今すぐ解放されたいなら、ぜひ害獣駆除110番をご利用ください。

    害獣被害でお困りなら、害獣駆除110番にお任せください!
    通話
    無料
    0120-949-085 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
    現地調査
    お見積り 無料!
    このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
    1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
    読み込み中...
    0120-949-085
    無料相談窓口へ
    よくあるご質問
    職人さん募集中
    他社との比較