アライグマ・イタチ・ハクビシン駆除の事なら害獣駆除110番TOP > 動物の足跡写真を種類ごとにわかりやすく解説!正体判別に役立てよう

最新情報・レポート

動物の足跡写真を種類ごとにわかりやすく解説!正体判別に役立てよう

動物は警戒心が強く、夜行性のものも多いことから直接発見することは難しいとされています。しかし、動物が残す足跡を手がかりに、正体を判別することは可能です。当記事では、動物の足跡の写真や特定できた動物ごとの対処法を解説していきます。

どんな動物かわからないからと、慌てたり不安になったりする必要はありません。当記事を読み動物の正体を知ったうえで効果的に対処し、自分では対処できないときは業者に依頼しましょう。

害獣被害でお困りなら、害獣駆除110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-085 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

動物の足跡から何の動物か正体を掴もう!【アライグマを含む13種類の足跡を紹介】

動物は直接発見することは難しいですが、動物の足跡の写真からなんの動物なのか特定することは可能です。足跡の特徴を知っておくことで、家屋や庭などに侵入してきた動物の正体がわかるようになります。

この章では、小型獣・中型獣・大型獣それぞれの動物の足跡の特徴を解説します。ご自宅に侵入しているのがなんの動物かを暴くために、ぜひ参考にしてください。

【小型獣】イタチ・テン・ウサギ・リス

【小型獣】イタチ・テン・ウサギ・リス

まずご紹介するのは、小型獣であるイタチ・テン・ウサギ・リスの足跡の特徴です。

イタチ

  • ・指は5本で爪がある
  • ・足跡の大きさは、だいたい2~3cm
  • ・手のひら部分から離れたところに、指と爪の部分がちょんちょんとついている
  • ・体重が軽く、地面には跡が残りにくい

テン

  • ・指は5本で爪がある
  • ・足跡の大きさは、だいたい3~4cm
  • ・地面に指先までくっきり足跡が残ることが多い

テンの足跡とイタチの足跡はよく似ているため、間違えやすいです。見分けるときは、足跡の大きさが、イタチよりテンのほうが大きいというところをポイントとして見るとよいでしょう。また、イタチの足跡は土の上に残りにくいので、足跡がくっきり残っていてわかりやすい場合はテンの可能性が高いです。

ウサギ

  • ・指の数は前足に5本、後足に4本ある
  • ・足跡からわかる歩幅は30~50cmほど
  • ・後ろ足の足跡と前足の足跡が対になって残る(飛び跳ねて移動するため)
  • ・前足より後足のほうが長い

リス

  • ・指の数は前足に4本、後足に5本ある
  • ・前足の大きさは約3.5cm、後ろ足の大きさは約5cm(エゾリス)
  • ・足跡は後足が前足よりも前につく(飛び跳ねて移動するため)

【中型獣】アライグマ・アナグマ・ハクビシン・タヌキ・キツネ・サル

次に、アライグマ・アナグマ・ハクビシン・タヌキ・キツネ・サルの足跡の特徴をご紹介します。

アライグマ

  • ・指は5本で爪がある
  • ・足跡の大きさは、だいたい5~7cm
  • ・前足の足跡は、人間の子どもの手に似た形をしている
  • ・立ち止まった際にかかとがつくので、後足の足跡は縦長になる
  • ・指と手のひら部分の切れ目はなく、きれいに跡がつく

アナグマ

  • ・爪の跡が長く鋭くなっている
  • ・足跡の大きさは、だいたい4~5cm
  • ・肉球が5つあり、タヌキやキツネより横幅が広い

ハクビシン

  • ・指は5本で爪がある
  • ・前足の足跡の大きさは、だいたい4~5cm
  • ・立ち止まっているときは、後足の足跡が縦長
  • ・丸っこい手のひら部分の外側に、丸みのある角のハンコに似た肉球の跡がつく

タヌキ

  • ・指は4本ある
  • ・足跡の大きさは、だいたい3~5cm
  • ・足跡の形は梅の花のようになる
  • ・足跡のつき方はジグザグ

キツネ

  • ・足跡は左右の側面に指が2本、中央の指2本が前にでる
  • ・足跡の大きさは、だいたい5cm
  • ・イヌの足跡に比べ、縦に長い跡がつく
  • ・足跡のつき方は一直線

サル

  • ・前足の足跡は人の手のひらと似ている
  • ・足跡の大きさは、だいたい16cm
  • ・手のひらにあるしわがくっきり残りことがある
  • ・後足の足跡は、前足に比べ大きい

【大型獣】イノシシ・シカ・クマ

最後に、大型獣であるイノシシ・シカ・クマの足跡の特徴をご紹介します。

イノシシ

  • ・足跡は細長い蹄(ひづめ)の跡が2つつく
  • ・足跡の大きさは、だいたい5~8cm
  • ・後足の足跡に副蹄(ふくてい)という小さな跡がつく
  • ・浅い雪でも足跡がつきやすい

シカ

  • ・2つの細長い蹄の跡がつく
  • ・足跡の大きさは、だいたい5~8cm
  • ・歩幅は、だいたい80~100cm

クマ

  • ・足跡は大きく、大人になったクマは後足の大きさが20㎝以上になる
  • ・子グマの足跡は小さいが、手のひらが大きく肉球がアーモンドのような形をしている

足跡から動物が判明!そのあとの各対処方法

前章で動物の足跡の正体が判明したら、今度は対処しなくてはいけません。ここでは、判明した動物をそのままにしておくとどのようなリスクがあるか、各動物の対処法を解説します。ご自身での対処が難しいときは、無理をせず業者に依頼しましょう。

ケース【1】正体は小型獣だった

ケース【1】正体は小型獣だった

動物の足跡の正体がイタチやテンなどだった場合、なにも対処せずにいると以下のようなリスクがあります。

放置したときのリスク

  • ・家屋などに浸入し住みつく
  • ・糞尿による健康被害
  • ・足音や鳴き声などの騒音

上記のリスクを避けるためにも早めの対処が必要ですが、イタチなどは「鳥獣保護法」という法律で、勝手に捕獲や駆除することができません。しかし、以下の対処法であれば問題ありません。

対処方法

1.忌避剤を使う
忌避剤には、害獣の嫌うニオイや成分が含まれているので、対処するのにとても効果的といえます。そのなかでも燻煙剤がおすすめです。燻煙剤を侵入口と思われる場所に設置することで、追い出すことができるでしょう。

2.光で追い出す
イタチなどの害獣は、ほとんどが夜行性の動物で光を好みません。そのため、強い光が点灯する害獣専用の忌避装置などを設置し追い払うとよいでしょう。忌避装置は、ホームセンターや通信販売などで購入することが可能です。

「早くどうにかしたい」というときは、クリスマス用のイルミネーションなどでも代用することができます。おもにこの2種類が対処法となります。

3. 業者に依頼する
イタチやテンは動きが素早く、とくにイタチは性格が非常に凶暴なため、対処に失敗するとケガにつながるおそれがあります。自分で対処するのが難しかったり、不安に感じたりするときは、無理に対処をおこなわずに業者に依頼しましょう。

ケース【2】正体は中型獣だった

確認した足跡がハクビシンやタヌキなどの中型獣の場合、対処をおこなわないでいると以下のようなリスクが考えられます。

放置したときのリスク

  1. 1.家屋などへ浸入し住みつく
  2. 2.農作物への被害
  3. 3.足音や鳴き声などの騒音
  4. 4.糞尿による健康被害

中型獣と小型獣とのリスクは、ほとんど同じです。小型獣と同様、被害に遭わないためにも、早めの対処をしましょう。対処方法はイタチなどと同じです。

対処方法

1.忌避剤を使う
忌避剤は、家屋などに浸入してきた動物を追い払うのにとても効果的です。イタチなどのとき同様、とくに燻煙剤がおすすめとされています。燻煙剤を設置するときは、ハクビシンなどが警戒しないように、侵入口から離れた場所にしましょう。

2.光で追い払う
イタチなどの小型獣と同じで、強い光を使用して追い払うことができます。とくに、LEDストロボ(青色)がおすすめですので、一度試してみるとよいでしょう。

3.業者に依頼する
自分で対処してもまた被害に遭ったり、うまく対処できるか不安だったりするときは、業者に依頼しましょう。ハクビシンなどは、鳥獣保護法で捕獲・駆除することが禁止されています。また、狩猟免許や自治体からの許可が必要になるため駆除するのは難しいです。

しかし、業者に依頼すれば狩猟免許ももっている人もいますし、確実に駆除することができます。

ケース【3】正体は大型獣だった

動物の足跡がイノシシやシカ、クマなどの大型獣だったとき、対処せずにいると以下のリスクが発生するおそれがあります。

放置したときのリスク

  • ・農作物被害に遭う(イネや野菜などが食べられる)
  • ・農地や庭などを踏み荒らしたり、掘り起こしたりする

イタチなどの小型獣やハクビシンなどの中型獣の被害と違い、おもに屋外での被害を受けてしまいます。このような被害に遭わないように、これからご紹介する対処法をおこなってみましょう。

対処方法

1.侵入しないようにする
イノシシなどの大型獣が侵入してくるのを防止する方法として、柵を張るというものがあります。柵には、金属柵・ネット柵・電気柵などがあります。

金属柵やネット柵を使用する場合は、忌避剤も一緒に設置すると害獣が近づきにくくなるので、柵を壊されるリスクが減るでしょう。電気柵は害獣が柵の一部に触れると、電気ショックを与えるしくみになっているので、浸入を防ぐというよりかは近寄りにくくするための柵といえます。

このなかでは、金属柵が壊されにくいですが、電気柵よりもコスト的に高くなります。しかし、定期的なメンテナンスをおこなう必要がないため、手入れが面倒という方におすすめです。

経済的に余裕があれば、電気柵と金属柵・ネット柵などと組み合わせて設置することでそれぞれの効果が発揮され、さらに害獣からの被害に遭いにくくなるでしょう。

2.隠れられる場所やエサになるものをなくす
農地や庭などに草が生えていると、イノシシなどの体が隠れてしまい、侵入されても気づかないおそれがあります。そうならないために、こまめに草刈りをおこうことで隠れる場所を減らすことができます。

またエサとなる生ごみや廃棄する農作物を放置せず、ごみ収集の決められた曜日・時間を忘れずに捨てましょう。

3.業者に依頼する
イノシシやシカなどの大型獣は、人を襲うことがあるため非常に危険です。そのため、自分で対処しているときに怪我をしてしまうおそれがあります。業者に依頼することで、的確に対処してもらうことができ、怪我をするリスクを回避することができるでしょう。

危険を感じたらプロに相談を

ここまで、動物の足跡の特徴や対処方法、放置した場合のリスクをご紹介してきました。もちろん、自分で対処することはできますが、不十分であるとまた家屋や庭などに侵入されてしまうというデメリットがあります。

しかし、業者に依頼することで、豊富な知識と経験から適切な方法で対処してくれるため、害獣が再び侵入するというデメリットを解決することができるのです。以下に、業者に害獣の対処を頼んだときのメリットをまとめてみました。

メリット

・最小限の被害ですむ
業者はさまざまな害獣駆除をおこなっているので、動物がどんな行動をし、どんな習性をしているのかを把握しています。そのため、被害が拡大する前に対処することが可能なのです。

・駆除した害獣の死骸の処理をしてもらえる
自分で害獣を駆除した場合、その死骸を自分で処理しなくてはいけません。しかし、業者に依頼すると、駆除後に害獣の死体も処理をおこなってくれます。

また、害獣のなかには、資格をもっていないと駆除・捕獲ができない動物もいます。ですので、無理に自分で対処せず業者に依頼し、捕獲から死骸処理までおこなってもらいましょう。

・二次被害を防ぎ、再発リスクを減らしてもらえる
害獣を駆除したあとに掃除と消毒をおこない、ノミやダニ、病原菌などからの二次災害を防ぐことができます。また、害獣が再び侵入することを防ぐための対策もしっかりおこなってもらえることができ、自身でおこなったときより再発のリスクが低くなります。

もちろん、メリットだけではありません。駆除経験のある業者が再発の対策をおこなったとしても、また害獣が侵入してきてしまうというデメリットがあります。しかし、再発した場合の保証をしている業者も多くあるので、依頼する前に一度確認してみることをおすすめします。

弊社には、さまざまな害獣の駆除をおこなってきた実績と知識をもった業者が加盟しております。「自分で害獣の対処をしたけど、また侵入してきた」「対処法はわかるけどちゃんとできるか不安だ」という方は、お気軽にご連絡ください。

お近くの加盟業者から、お客様の要望に沿った業者をご紹介させていただきます。

害獣被害でお困りなら、害獣駆除110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-085 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
他社との比較

害獣駆除に関するよくあるご質問

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿がたまった場所に関しては、清掃と消毒を行わせていただきます。天井板の張替え等も行うことが可能なので、どの範囲まで対応をするかお見積り時にスタッフが説明をさせていただきます。その際何かご要望があればお気軽にご相談ください。

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本的には、再び侵入をさせないために、侵入経路口を塞ぐのですが、それでも対応が出来なかった場合の対応などを、現地スタッフへご確認ください。また別の経路を作っているなど現状が変わっている可能性もあるので、現地スタッフが改めて対応させていただく場合もございます。お客様自身での対応は危険ですので、何かトラブルが合った際は、お気軽にご相談ください。

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は害獣にとって居心地が良い場所だということですので、まず侵入されないようにする事が大切です。餌となる食べ物を放置したり、家の床下や屋根裏に隙間がある時には埋めてしまう必要があります。

回答の詳細はこちら