アライグマ・イタチ・ハクビシン駆除の事なら害獣駆除110番TOP > 最新情報・レポート > ハクビシン(白鼻芯)とタヌキ・アライグマ・アナグマの違いを解説!

最新情報・レポート

ハクビシン(白鼻芯)とタヌキ・アライグマ・アナグマの違いを解説!

ハクビシン(白鼻芯)とタヌキ・アライグマ・アナグマの違いを解説!

「自宅の防犯カメラに動物が映っていた!これはハクビシンなのだろうか……」

ハクビシンかどうかは、顔・体・家に残した痕跡、その3つのポイントで見分けることができます。動物は種類ごとに、顔・体・足跡やフンなどの痕跡に特徴があるからです。

この記事では、ハクビシン(白鼻芯)の見分け方について解説しています。そのほかハクビシンと間違えやすい動物や、自宅に侵入した動物への対処法についても解説していますので、あわせてご覧ください。

ハクビシン(白鼻芯)を3つのポイントで見分けよう

ここでは、ハクビシンの顔・体・痕跡にある特徴をご紹介しています。ぜひ、自宅に侵入した動物の正体がハクビシンかどうかを判断するときの参考にしてください。

ポイント1.顔

ポイント1.顔

ハクビシンの顔には、次のような特徴があります。

  • ・鼻から頭のてっぺんにかけて、白い毛でできた線がある
  • ・目の下に少し白い毛が生えている
  • ・耳の下にはたくさん白い毛が生えている
  • ・鼻の色は基本的にピンク色

ポイント2.体

ハクビシンの体の特徴は、おもに以下の3つです。

  • ・体の大きさは、およそ1m
  • ・体色は基本的に茶色に灰色がかかっている
  • ・しっぽの長さと胴体の長さが同じくらい
  • ・足が短い

ポイント3.痕跡

ハクビシンが自宅に残した痕跡である足跡とフンの特徴は、以下になります。

〇足跡

  • ・足の大きさは5cmくらい
  • ・指が5本ある
  • ・ツメ跡もある

〇フン

  • ・フンに植物の種が混ざっている
  • ・においは弱い
  • ・大きさは5cm前後
  • ・巣に近い決まった場所でフンをする傾向がある

侵入した動物がハクビシンと判断した方は、【動物の正体がわかったら対処をしよう!】を、ハクビシンではないと判断した方は【間違えやすい!ハクビシンと似ている動物4種】をご覧ください。

以上の特徴を見て、自宅の天井裏などに侵入した動物がハクビシンであることが判明したけれども、自分で対処する自信がない方は、業者に依頼することをおすすめします。

どの業者に依頼してよいかわからない方は、ぜひ弊社にご相談ください。お住まいの地域の近くにある業者をすぐにご紹介いたします。ぜひ一度お電話ください。

間違えやすい!ハクビシンと似ている動物4種

ハクビシンじゃないと判断した場合、それに似た動物から見当をつけていくと、侵入した動物の種類が比較的早く判明します。

ここでは、ハクビシンと似ている動物を4種ご紹介いたします。ここを読んで、自宅に侵入した動物の種類が判断できたら、次は対処をしていきましょう。対処の仕方については、次の章をご覧ください。

タヌキ

タヌキ

タヌキには、以下の特徴があります。

〇顔

  • ・鼻が黒い
  • ・目のまわりからほっぺたにかけて黒い

〇体

  • ・大きさは約60cm
  • ・体の色は、基本的に灰色がかった茶色
  • ・しっぽの大部分は茶色だが、端のほうは黒色
  • ・足の肉球が大きい
  • ・ツメが長い

〇フン

  • ・かなりくさいにおいがする
  • ・同じ場所にフンをすることが多い

・アライグマ

アライグマの特徴をあげると、次のようになります。

〇顔

  • ・基本的に白いが、目のまわりは黒い
  • ・鼻が黒い
  • ・耳の輪郭に白い毛が生えている

〇体

  • ・体長40~60cmくらい
  • ・しっぽの長さは20~40cmくらいで、黒色のしま模様がある

〇足跡
・長い指の形がくっきりつく

アナグマ

アナグマの特徴は以下のとおりです。

〇顔

  • ・体に対して頭が小さめ
  • ・耳が丸い
  • ・目のまわりと鼻が黒い
  • ・白いヒゲがある
  • ・鼻筋が白い点で、ハクビシンと間違えられることがある

〇体

  • ・胴が太い
  • ・長くて鋭いツメをもつ
  • ・しっぽは短く、基本茶色だが、ところどころ白色の毛が混じっている

〇足跡
・基本的にツメ跡と指跡との間に距離がある

〇フン

  • ・浅い穴にフンをすることが多い
  • ・フンには基本的にツヤがある
  • ・決まった場所にフンをする傾向がある
  • ・フンには泥が混じっている

イタチ

イタチの特徴を以下にまとめてみました。

〇顔

  • ・口のまわりが白い
  • ・鼻がこげ茶色

〇体

  • ・体長は20~40cmくらい
  • ・体は茶色に赤色か黄色がかかっている
  • ・胴が細長い
  • ・足は短い

〇足跡
・大きさは約2cm

〇フン

  • ・強烈な悪臭がする
  • ・同じ場所にフンをする傾向がある
  • ・大きさは5mm前後で、細長い
  • ・水分が多め

テン

テンの特徴は次のとおりです。

〇顔の特徴
・夏は顔が黒い毛でおおわれているが、冬は顔が白い毛でおおわれている

〇体

  • ・大きさ40~55cmほど
  • ・細長い体形
  • ・夏の体色は茶色に赤色か黒色がかかっている
  • ・冬の体色は茶色に黄色がかかっている
  • ・しっぽは毛でふさふさしている

〇足の特徴
・大きさは約3cm

〇フンの特徴

  • ・1cmほどの大きさ
  • ・イタチほどくさくない

4種の動物の特徴を見て、自宅に侵入した動物がハクビシンではなかったとしても、動物の種類によっては、屋根裏に巣を作ったり、糞尿をしたりするものがいます。

巣を作って居座ると、その動物に寄生するダニやノミなどが、人間の皮ふを刺して危険な病気を引き起こすおそれがあります。動物が屋根裏に糞尿をすると、板が腐って天井が抜け落ちる可能性もあります。このような被害を防止するためには動物の駆除が必要です。

「自宅に侵入した動物の対処を業者に依頼したいけど、どの業者に依頼してよいかわからない……」

このような方は、ぜひ弊社にご依頼ください。ご依頼いただければ、弊社に加盟する業者がすぐに駆け付け、害獣を適切に対処いたします。もちろん通話は無料ですので、お気軽にご連絡ください。

動物の正体がわかったら対処をしよう!

動物の正体がわかったら、できるだけ早く対処することが大切です。早めに対処することで、被害を最小限におさえることができるからです。しかし、なかには鳥獣保護法で保護の対象になっている動物もいます。

ここでは、自宅に侵入した動物の対処法について詳しく解説いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

鳥獣保護法とは?

鳥獣保護法とは?

鳥獣保護法とは、野鳥やほ乳類の保護、野鳥やほ乳類による農業・水産業への被害の防止などを目的とする法律です。

鳥獣保護法では、基本的にすべての野生生物を保護の対象としています。この法律は、野生生物と人間はともに生存することを原則としているからです。そのため、ハクビシンやタヌキなども保護の対象となっています。

しかし、ドブネズミやゴマフアザラシなどは保護の対象からは外れます。それらはほかの法律で保護されていたり、保護の対象とすると、衛生面で問題が発生したりするおそれがあるからです。

自力で対策をする方法

鳥獣保護法で守られているハクビシンなどは、自分で勝手に駆除することができません。それらを駆除するためには、各自治体の許可が必要です。

そのため、自力で対策をする場合、天敵のにおいや音を発するものを家のまわりに置く、エサをあげないようにするなど、近寄らせないようにしましょう。また、定期的に家を点検し、侵入しそうな穴などを見つけたら板をはってふさぎましょう。

対処は業者に任せよう

自分で駆除するとなると、自治体の許可を得る必要があり、面倒です。しかし、業者に依頼して駆除してもらえば、そのような面倒な手間を省くことができます。

また、業者に依頼すれば、その知識と経験で確実に野生動物を駆除してもらえるのです。

業者選びに迷われた方は、ぜひ弊社にご依頼ください。ご依頼いただければ、弊社に加盟するプロの業者がスピーディーに対処いたします。料金も明示しておりますので、安心してお電話ください。

【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

【掲載料金は消費税を含んでおりません】

【見分け方に関する記事はこちら】

タヌキ?アライグマ?危険な害獣を見分けるポイントは「しっぽと指」
アライグマ・タヌキ・ハクビシンの見分け方!家の簡単対策方法も解説
ハクビシンの足跡はイタチやアライグマ、タヌキに似てる!動物の足跡
テン・イタチ・ハクビシンの違い|特徴や被害の違いを知って駆除を!
たぬきみたいな動物の特徴や対処│アライグマ・ハクビシン・アナグマ

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
0120-949-085
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
他社との比較

害獣駆除に関するよくあるご質問

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら