アライグマ・イタチ・ハクビシン駆除の事なら害獣駆除110番TOP > 【蛇よけ】出没原因をおさえてもう蛇を寄せ付けない!蛇よけ対策4つ

最新情報・レポート

【蛇よけ】出没原因をおさえてもう蛇を寄せ付けない!蛇よけ対策4つ

【蛇よけ】出没原因をおさえてもう蛇を寄せ付けない!蛇よけ対策4つ

蛇が出てしまった時、どんな対処をしたらいいのでしょうか?蛇には毒を持っているものや毒のないものがいます。毒を持っている蛇に咬まれると命に関わる危険性がありますが、毒のない蛇でも咬まれれば大きな怪我や感染症に繋がるおそれがあります。

日本の蛇は臆病な性格をしているものが多いため、刺激しないように気を付ければ咬まれる可能性は低くなります。ですが、蛇が現れるとやはり怖いものです。ここでは蛇よけの対策方法をご説明します。

蛇って危険!嫌われる理由はずばりコレ

蛇は夜でも赤外線を感知して体温を捉え、正確に獲物をつかまえることが可能な生き物です。体長はミミズのように小さなものから9m以上もある大きなものまでいます。

毒を持っている蛇に咬まれると、その毒で死んでしまうこともあるのは広く知られていますが、じつは毒を持つ蛇は全体の1/4ほど。ほとんどの蛇は毒を持っていません。しかし、毒を持っていない蛇でも電柱に上って送電線にからみつき、停電を起こしたり悪臭を放ったりします。

人間の祖先は約6500年前に木の上での生活を始めました。その当時、まだ人間がサルだった時代の天敵は蛇でした。30メートル以上もある枝上まで近づける蛇を見つける必要がありました。そのため、蛇に対する恐怖を感じて対処できるように脳が進化したと言われています。その経験で生理的に蛇を嫌う人が多いようです。

その一方で、「白蛇は運気が上がる」といった信仰の対象になることもあります。脱皮したものを財布に入れておくと金運がアップする、といった昔ながらの言い伝えもそのひとつです。

ですが、実際の蛇には危険がつきもの。見つけたら蛇よけ対策をしましょう。

蛇が出没するのには理由がある

蛇が出没するのには理由がある

草が伸びているところに蛇は現れやすいです。その理由は、隠れる場所が多くて身を隠すのに好都合な場所だからです。また、餌となるミミズやカエルなどが生息する場所でもあるので、蛇にとっては過ごしやすい環境になります。蛇よけをするためには、蛇にとって過ごしやすい環境を作らないことです。

キホンの蛇よけ対策4つ

蛇が現れないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか。蛇の駆除方法はカゴや粘着シートを利用して、餌を使って蛇の通りそうな道に仕掛けをしてつかまえたり、蛇専用のスプレーで撃退したりする方法があります。

蛇は縁起のいい生き物と言われる一面もありますし、なるべく殺さずに済ませたいところですが、毒のある蛇だった場合は命に関わるので見過ごすわけにはいきませんよね。

ここからは、蛇よけの対策を紹介していきます。

蛇が身を隠せないように除草する

先述したように、庭の草が伸びていると蛇が身を隠すのに絶好の場所になるため、除草をこまめに行いましょう。また、蛇はかなり高いところまで登ることができ、泳ぐこともできます。木に巣を作っている鳥や、水があるところに住むカエルを狙って侵入してくるので、蛇の餌場になる環境が庭にないようにすることが大事です。

蛇が入り込めない環境を作る

庭の除草が終わったら、蛇の嫌いな忌避剤をまきます。また、蛇はタバコの臭いが嫌いなため、タバコを吸われる方はタバコのニコチン成分を含んだ吸い殻を水の中にためて、それを庭にまきましょう。ただし臭いに抵抗がある方や、庭で作物を作っていたり花を育てていたりする場合は、吸い殻は避けて忌避剤の利用をおすすめします。

蛇は動物食なのでネズミや鳥、カエルなどを好んで食べます。壁の内側にネズミやカエルがいると、それを狙って家の中に蛇が侵入してくるため、壁にヒビが入っていたり穴が開いていたりする時は、発砲ウレタンなどを使ってしっかりとふさいでおきましょう。

蛇の餌となるものを寄せ付けない

蛇は鳥やネズミ以外にもシロアリを食べます。餌となるものは徹底して与えないよう、ネズミやシロアリを見つけたらすぐ駆除するように心がけることが大事です。

蛇に遭遇してしまった時の正しい対処とは

蛇に遭遇してしまった時の正しい対処とは

蛇が出た時は慌てず、落ち着いて正しい対処を取りましょう。では、どのような対処方法があるのでしょうか。

咬まれないことを最優先に行動する

まず蛇よけとして最も大事なのは、蛇のいそうな場所に近づかないことです。ハブを除き、ヘビは臆病なので、毒を持った蛇や無毒な蛇でも自ら襲ってくる場合はあまりありません。

毒のある蛇の種類はいろいろありますが、特に有名なマムシでもこちら側から刺激しなければ襲ってくることはないので、見つけたら静かにその場所から離れましょう。

また、蛇に遭遇しそうな場所では、棒などで音をさせてこちらの存在をアピールしながら進めば蛇が避けてくれるでしょう。

立ち去らなければ、ホースの水で追い出す

蛇がその場から立ち去らなければ、ホースやバケツの水などで追い出すことも可能です。臆病な性格をしているため水に驚いて逃げていくのがほとんどですので、ぜひ試してみてください。

また蛇に対して特に抵抗感がない方で早く駆除をしたい場合は、蛇取り器で捕獲し、山の中へ逃がすのも1つの手です。ただし、刺激すると襲いかかってくることもあるので十分に注意し、不安を感じた時には蛇駆除の専門業者へ依頼してください。

毒蛇を見つけたら通報を!

毒のある蛇を見つけたら、自力で駆除するのはかなり危険ですので刺激しないように注意し、警察か蛇駆除の専門業者へ連絡をしましょう。蛇が逃げてしまうと、また入り込んでくる可能性があるので、蛇が逃げてしまわないようにドアを閉めて業者が来るまで待ち、駆除をしてもらいます。

もしドアと床の間に隙間があれば、タオルを詰めて逃げ出さないようにしてください。

まとめ

蛇は運気を上げる動物として信仰の対象になる一面もありますが、実際に遭遇すると怖いものです。それがマムシなど有毒な蛇だった場合は、そのまま放置するのも怖いですよね。また、毒を持っていない蛇でも咬まれれば怪我をしますし、感染症にかかる可能性もあるため大変なことになりかねません。

日本に生息する蛇は臆病な性格をしているものが多いため、もし見つけても不用意に刺激せずにその場を静かに離れましょう。家の中に侵入してきた場合は、蛇を部屋に閉じ込めて、蛇駆除の専門業者へ依頼してください。

庭の草が伸びている状態だと、蛇にとって好都合な場所になってしまうため、遭遇する確率が高くなります。蛇よけのためにも庭の手入れはこまめに行いましょう。

ヘビに関する記事はこちら

■蛇の駆除方法は「放置」が安全!万が一の捕獲方法や侵入対策をご紹介

■蛇の牙には毒がある!蛇に噛まれないためには早めの対策が重要です

■蛇の見分け方を解説!本州で見られる蛇【4種類】の特徴とは

■ハブという蛇の生態と毒性について【沖縄周辺に生息する攻撃的な蛇】

■ヘビが人を噛むのはなぜ?噛まれない方法と危険なヘビの種類

■蛇の特徴と生態について解説|実は臆病な生き物だと知っていますか?

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (4評価, 平均評価: 4.50 )
Loading...
0120-949-085
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
他社との比較

害獣駆除に関するよくあるご質問

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿がたまった場所に関しては、清掃と消毒を行わせていただきます。天井板の張替え等も行うことが可能なので、どの範囲まで対応をするかお見積り時にスタッフが説明をさせていただきます。その際何かご要望があればお気軽にご相談ください。

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本的には、再び侵入をさせないために、侵入経路口を塞ぐのですが、それでも対応が出来なかった場合の対応などを、現地スタッフへご確認ください。また別の経路を作っているなど現状が変わっている可能性もあるので、現地スタッフが改めて対応させていただく場合もございます。お客様自身での対応は危険ですので、何かトラブルが合った際は、お気軽にご相談ください。

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は害獣にとって居心地が良い場所だということですので、まず侵入されないようにする事が大切です。餌となる食べ物を放置したり、家の床下や屋根裏に隙間がある時には埋めてしまう必要があります。

回答の詳細はこちら