アライグマ・イタチ・ハクビシン駆除の事なら害獣駆除110番TOP > 最新情報・レポート > アナグマは駆除できる?アナグマの生態や被害防止策、駆除方法

最新情報・レポート

アナグマは駆除できる?アナグマの生態や被害防止策、駆除方法

アナグマは駆除できる?アナグマの生態や被害防止策、駆除方法

最近よく耳にするアナグマ。実はアライグマやハクビシンと同じく「害獣」と呼ばれている動物なのです。かわいい顔をしていますが、我々の生活に大きな被害を与えるのです。

もしかしたらあなたの家にもアナグマが住み着いているかもしれません。今回はアナグマの生態や特徴について、アナグマの駆除方法と注意点についてご紹介させていただきます。

 

 

アナグマの生態と特徴

アナグマはハクビシンやたぬきと似ているとよく言われていますが、実際はどんな姿をしているのでしょうか。アナグマ駆除のためにも他の動物と見分けるポイントについてご紹介します。

 

アナグマはこんなヤツ!

アナグマはイタチの仲間です。体は全体的にぽっちゃりとしており、ハクビシンのスリムな体と比べるとその違いは漠然としています。体の大きさは約40cm~80cm、尻尾の長さは約10cm~20㎝ほどで、尻尾の形はたぬきと似ておりますが少し細めです。

体毛は全体的に茶色と灰色が混ざっており、顔の目の周りには縦に伸びる黒模様が入っています。頭と耳は小さく鼻は大きめで、手足は太くて短めの足をしています。たぬきと比べると顔が細長いです。

アナグマの寿命は10年~15年ほどで、春に繁殖し生まれた子どもは出生から1年ほどで成熟するといわれています。

アナグマは夜行性のため、日中は自分で掘った穴の中で生活して夜になると動き回ります。目が悪いという特徴をもちますが、その代わり耳がよく嗅覚も発達しており暗い場所でも生活することができます。

巣穴は面積が広く入口がたくさん存在しており住みやすいため、別の野生動物が巣として利用してしまうケースもあります。アナグマは自分の掘った穴を覚えていないことがしばしばあるため、もし乗っ取られていたとしても気づかないこともあるようです。

雑食性で昆虫や爬虫類、肉に魚、小さな哺乳類でさえも食べてしまうといわれています。果物や農作物も食べるためアナグマによる農作被害は少なくありません。

アナグマは自分の危機を察したら死んだふりをすることがあります。敵に狙われると体を硬直させて倒れ、動かなくなってその場をやり過ごそうとするのです。その習性は「たぬき寝入り」の語源になったと言われています。

 

アナグマの足跡やフンの特徴

アナグマの足は5本指で肉球も指と同じ数だけついており、たぬきやハクビシンと比べると足の裏は横幅が広めです。アナグマはその名の通り穴を掘って生活するため、足の爪は穴が掘りやすいように長く鋭くなっています。足跡を見るとツメの跡は指から少し離れてついていることが分かります。

アナグマには糞をするときにおんなじ場所にする「ためフン」と呼ばれる習性があります。浅く穴を掘ってその中にフンをするのです。フンの表面にはテカリがあり、糞に含まれる成分は半分以上が泥や土であると言われています。そのため臭いはそんなに強くありません。ですが糞の中にいる雑菌は感染症を引き起こす危険性があるため注意が必要です。

 

アナグマの性格

アナグマの性格は、大人しく人懐っこいというものから獰猛で好奇心旺盛、臆病で人が来るとすぐ逃げてしまうなど諸説あります。万が一アナグマを見かけたら噛みつかれるかもしれないため、警戒しておいた方が良いでしょう。

 

 

「害獣」アナグマの問題行動

「害獣」アナグマの問題行動

 

アナグマは多くの被害をもたらす害獣です。主な被害内容を知り、自分の身に同じような被害があればアナグマの駆除をすることをおすすめします。

アナグマによる主な被害は農作物を育てている田畑を荒らされることでしょう。アナグマは雑食性であるため山の食料がなくなると人間の住む場所に降りて、育てている作物を荒らします。木になっている物も食べることができるので注意が必要です。

建物への被害も多いです。アナグマは地面に穴を掘り、それを巣として生活しています。アナグマの巣は継続的に使われるため、使うたびに大きくなります。このように巣の拡張が続けば地下は空洞になってしまい、その土地の地盤が緩くなってしまうでしょう。最悪建物の崩落も考えられます。

アナグマのためた糞を見つけたら手で触れないようにしてください。人間の体に雑菌が入ると感染症にかかってしまうおそれがあるほかにも、ためた糞の中で繁殖したダニ・ノミに刺されてしまう可能性があるのです。

 

アナグマを駆除する方法はある?

自力でアナグマを駆除したいと考えている方に、いくつかのアナグマ対策方法をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

 

アナグマの嫌いなニオイを利用する

アナグマは嗅覚の鋭い動物であるため、アナグマの嫌いなミントの香りを使って撃退しましょう。ミントの香りの他にもハッカやミント、レモンの香りはアナグマの苦手とする臭いと言われているためそれらの香りを家の周りにふり撒くとよいです。害獣スプレーを選ぶときは上記のニオイ成分が入ったものにするとよいでしょう。

 

天敵のニオイを利用する

アナグマの天敵はオオカミ類と言われています。現在動物の縄張り行動抑制のためにオオカミの尿のニオイを染み付かせた忌避剤を販売しているため、アナグマの行動範囲内にそちらを撒いておくとアナグマ駆除に効果的です。

 

電気柵で囲む

農作物を荒らされたくない方は、田畑を電気柵で囲ってみましょう。侵入しようとした害獣に軽い電気ショックを与えて驚かせ、その場に近寄らないようにすることができます。アナグマは電気柵の下をすり抜けてしまう可能性もあるため、低めの位置にいくつか電線を設置するなどの工夫をするとよいでしょう。電気以外にも音や光が出るものを柵に設置するとより撃退効果があるでしょう。

 

ゴミの管理をしっかりする

アナグマは雑食性であるため、生ごみを外に置いておけば中身を漁られるだけではなく、あなたの自宅がアナグマにとってよい餌場として認識されてしまう危険性があります。ゴミ箱は蓋つきのものにし、爪で引っかかれても壊れない丈夫なものを用意しましょう。野菜や果物は外に出さないようにして、いらない葉や茎の部分はコンポートに捨てて肥料にしてしまうとよいでしょう。

 

アナグマの駆除は法律によって制限がある

アナグマの駆除は法律によって制限がある

 

被害が続くと、もうアナグマを捕獲して駆除してしまいたいと感じてしまうことでしょう。しかし、自力でのアナグマ駆除をしてしまうことは法律違反となってしまうこともあるのです。もし法律違反と認められた場合は100万円以下の罰金が課せられることも…。そうなる前にアナグマ捕獲の注意点について知っておきましょう。

 

鳥獣保護法によって守られているアナグマ

アナグマなどの野生動物は「鳥獣保護法」と呼ばれる法律によって守られています。この法律は鳥類・哺乳類を許可なく捕獲したり殺処分することを認めないという内容です。捕獲するには狩猟免許と各自治体の捕獲許可を申請する必要があります。

まずは忌避剤や柵などでアナグマ撃退をしてみてください。それでも被害が止まらないようであれば、捕獲してほしいことを事前に自治体に相談をしてください。または、資格を持つ業者や専門家に相談するとよいでしょう。

 

アナグマ駆除を依頼する前に知っておきたいこと

業者に駆除を依頼する際、駆除する動物によって料金変わることはほとんどありません。動物がアナグマかどうかはっきりしなくても大丈夫ですので、一度業者に原状の被害について相談してみましょう。

業者に依頼することで、箱罠を設置してもらうことができるためアナグマを捕獲できる可能性が高くなります。またアナグマ駆除だけではなくその後アナグマ被害に遭わないような対策をしてくれることもあります。プランによっては値段が異なりますので自分の条件に合ったプランかどうかを確認してから依頼するとよいでしょう。

 

まとめ

アナグマのなかなか知られていない生態や特徴についてご紹介しました。近頃このような動物をよく見かけるな、と感じた方はどこか被害を受けていないかを確認してみましょう。

アナグマ駆除は自力でやろうとすると法律違反になってしまう可能性があります。まずは野生動物撃退グッズを用いて対策をし、それでも効かないようであれば各自治体や業者に相談して捕獲してもらうことをおすすめします。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣駆除に関するよくあるご質問

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら