アライグマ・イタチ・ハクビシン駆除の事なら害獣駆除110番TOP > 最新情報・レポート > モグラは害獣?放置すると危険?モグラの生態と対処法を知ろう

最新情報・レポート

モグラは害獣?放置すると危険?モグラの生態と対処法を知ろう

モグラは害獣?放置すると危険?モグラの生態と対処法を知ろう

 

畑や田んぼ、芝生のお手入れなどをしているときに、不自然にへこんでいたり、凸凹していたりする箇所を見つけた経験はありませんか?それに加えて、畑の作物がしっかり育たなかったり、荒らされたりするなどの被害にあっているのであれば、それはモグラによるものかもしれません。

モグラは害獣として知られており、さまざまな悪影響を私たちに及ぼします。土の中で生活しているため、なかなか気づくことができず発見が遅れてしまうことも多いです。

そこで今回は、モグラによる被害やモグラの生態について詳しく説明していきます。後半にはモグラの対処方法についてもご紹介していますので、このコラムが皆さんのお役に立てると幸いです。

 

 

モグラが出た!どんな悪影響がある?

小さくてかわいいイメージがあるモグラは、害獣として知られています。ですが、聞いただけではどんな悪影響があるのかイメージしにくいのではないでしょうか。この章では、モグラがどんな場所でどんな悪影響を及ぼすのかについてみていきます。

 

穴を掘られることによって見た目が悪くなる

特にガーデニングやゴルフ場など、芝生のお手入れをされる方に大きな被害を与えます。モグラは土の中を掘って生活しますが、それによりせっかくきれいに整えたところがモグラ塚やモグラが掘ったトンネルによって凸凹にされてしまうのです。

 

畑などに必要なミミズが食べられる

畑や田んぼの土を耕す役割を担ってくれるミミズが、モグラに食べられてしまう被害もあります。畑の作物を直接食べられるなどの被害はありませんが、間接的に影響があるのです。

 

作物への被害

モグラがつくった巣にあるトンネルを使って、ネズミが作物を食べてしまうことがあります。モグラがミミズをとるために畑に向かって掘ったトンネルを、ネズミが有効活用している状況です。また、モグラによって土を掘り起こさせることで被害がでることもあります。

 

地盤のゆるみの原因

畑にいるミミズなどを求めて地中にトンネルや穴を掘るため、それらが畑の地盤に大きく影響します。ひどくなると陥没してしまうおそれもあるため、地盤がゆるくなってしまいます。

 

意外なことも多い!?モグラの生態に迫ります!

意外なことも多い!?モグラの生態に迫ります!

 

そもそもみなさんは、モグラは害獣であることの他にどのくらい知っていますか?敵を倒すにはまず相手の情報を知ることが大切ですよね。ここでは、モグラの生態についてご紹介します。

 

モグラの体長と身体的特徴

モグラの体長は10㎝から15㎝ぐらいで、体全体は黒褐色、手足と鼻はピンク色をしています。なんとなくイメージできる方もいらっしゃるかと思います。これ以外にもモグラの体にはいくつか特徴的な部分があるので確認しましょう。

 

 

目はあるが視力が良くない

めったに地上に出ることがなく基本的に土の中で活動するモグラは、視力がほとんどありません。どれくらい見えないかというと、かすかに光を感じることができるくらいだそうです。

 

前足が大きく、後ろ足は細長い

土の中で生活するモグラは、前足が大きく発達しています。土をかき分けやすいよう、大きな手のひらに鋭い爪がしっかりと生えています。大きな前足を使って、両サイドに押し広げるように土をかき分け進むのです。平泳ぎをイメージすると分かりやすいでしょう。

 

鼻先にアイマー器官

視力が悪いのにどうしてエサや進む方向が分かるのか、気になった方も多いのではないでしょうか。実は、モグラの鼻先にはアイマー器官というものがあり、そこから多くの情報を得ているのです。アイマー器官では細かい振動を感知することができ、ミミズなどのエサを探し出しています。

さらに、モグラは聴覚や嗅覚にもすぐれています。このため、目が見えなくても進んだりエサを確保したりすることができるのです。

 

泳ぐことができる

モグラは泳ぎも得意だそうです。たとえ田んぼが水で満たされてしまっても、泳いで移動しエサをとるのです。モグラの体毛はビロード状に生えており水をうまくはじくため、水の中でも不自由なく動けます。

 

トンネルだらけのモグラの巣

モグラの巣は、主に木の根や小さな丘の下につくることが多いです。そこを拠点にして以下のような場所をつくります。

 

・エサをとる場所(田んぼや畑など)

・エサを保管する貯蔵庫

・水を飲むための場所

・敵から身を守るために隠れる場所

これらは全てトンネルによってつながっています。エサをとるために何度もトンネルが掘られるため、モグラの巣はトンネルだらけなのです。

 

モグラの食生活

モグラは雑食な動物です。主にミミズや昆虫、昆虫の幼虫などを食べて生活しています。しかもかなりの大食いで、1日に自分の体重の約半分もの量を食べるそうです。

また、ミミズの巣にはエサを保管しておく場所があるほど食事は大切です。モグラは12時間食事をとらないと餓死してしまうという特徴があります。エサが確保できなかったときに備えて、貯蔵庫で保管しておくのです。

 

モグラ撃退に効果抜群な対処法をご紹介!

モグラ撃退に効果抜群な対処法をご紹介!

 

モグラは害獣ですので、被害にあってしまったら対処が必要になります。モグラを撃退するにはどんな方法があるのでしょうか。効果的な対処方法をご紹介していきます。

 

市販の忌避剤で嗅覚・聴覚を刺激する

市販の忌避剤を使って撃退する方法です。モグラが嫌いなにおいをまいておくことで、モグラを近寄らせない効果があります。忌避剤にはスプレータイプのものや地面に置いて使うタイプ、巣穴に直接差し込むタイプなど豊富にあります。モグラが出現する場所や、巣の場所が明確であればそこに直接設置したり、スプレーをまいたりして撃退しましょう。

 

トラップでの捕獲には許可が必要です!

捕獲用トラップを使用してモグラを捕獲する方法もあります。しかし、一般の方は許可なしでモグラを捕獲することができません。捕獲するにはお住まいの都道府県知事の許可を得てから捕獲しましょう。

ですが、例外もあります。農業や林業などの事業活動で、食害などの被害を受けて捕まえる必要があるのであれば、許可が無くても捕獲可能となっています。注意したいのが、モグラの種類によっては希少鳥獣に指定されているものが存在します。生きた状態で捕獲できた場合は、他の人が被害に遭わない範囲の場所に放すなどの対応をとるようにしましょう。

 

害獣退治のプロにまかせる

「忌避剤やトラップを活用してもなかなかモグラがいなくならない!」という場合には、プロである業者に依頼することがおすすめです。モグラについて熟知している業者に依頼すれば、撃退からその後の対策までおこなってもらえます。

モグラ撃退や見積もりなど、何か分からないことがあれば一度業者に相談してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

モグラは害獣の1種で、主に畑の作物に悪影響を及ぼします。土の中にいるためなかなか発見することは難しいですが、不自然な穴を見つけたり畑や田んぼなどの地盤がゆるくなっていたりした場合は、モグラの被害を受けているかもしれません。

モグラの体にはさまざまな特徴があります。視力が良くない代わりに聴覚や嗅覚が発達しており、鼻についているアイマー器官によって小さな振動までキャッチしエサなどを発見します。ほとんど土の中で生活しているにもかかわらず、泳ぐことができるのも特徴的です。

モグラの被害がある場合は、なるべく早く対処することが大切です。市販の忌避剤や捕獲用トラップで捕獲する方法もありますが、確実に駆除したいのであればプロである業者に依頼することをおすすめします。駆除した後の対策までおこなってもらえば、モグラ被害に遭うリスクを大幅に減らすことができますよ。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣駆除に関するよくあるご質問

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら