アライグマ・イタチ・ハクビシン駆除の事なら害獣駆除110番TOP > 最新情報・レポート > ハクビシンを罠で捕まえる方法と注意すべきこと

最新情報・レポート

ハクビシンを罠で捕まえる方法と注意すべきこと

 

近年ハクビシンによる被害が増えてきました。ハクビシンは人の生活に被害を与える害獣です。自宅に住み着いてしまうと家屋の破壊や農作物への被害、感染症などいくつもの日被害を及ぼします。ハクビシンの被害を無くすためにはどうすれば良いのでしょう?

 

今回はハクビシンを罠で捕獲する方法をご紹介いたします。罠の種類は主に3種類に分けられるためそれぞれの特徴を理解しておきましょう。しかし、ハクビシンを捕獲する際には鳥獣保護法という法律に注意しなければいけません。誤った知識で捕獲をしてしまうと法律を違反したことになり、トラブルに巻き込まれる可能性があります。正しい捕獲手順を把握することで問題を未然に防ぐことができるでしょう。

 

 

罠は主に3種類

ハクビシンを捕獲する際には罠の使用が効果的です。罠の種類は主に「吊り餌式」「踏み板式」「くくり罠」の3種類に分けられます。「吊り餌式」と「踏み板式」は箱罠と呼ばれています。箱に罠を設置し、引っ掛かると扉が閉まり捕獲されるといった仕組みです。「くくり罠」はワイヤーを使用した罠となっています。それぞれ異なった特徴があるためご紹介いたします。

 

吊り餌式

先端に釣針のように曲げた金属の棒が箱罠の上からぶら下がっている形状をしています。曲がった金属部分にエサを突き刺しおびき寄せるのです。ハクビシンがエサを食べようとエサや金属棒を咥えたり、つかんだりすることでトリガーが外れ、扉が閉まる仕組みとなっています。

 

踏み板式

罠の底面に板状の仕掛けがあるあります。エサを踏板より奥側の底面に撒いておき、エサを食べようとしたハクビシンが板の上に乗った重みで板が下がります。板が下がることでトリガーが外れ、扉が閉まる仕組みです。

 

くくり罠

ワイヤーを輪の状態にし、地面に見えないように設置します。輪の中を踏むことで罠が作動し、輪が小さくなることで足を締め付け抜けないよう捕獲する方法です。主に屋外で使用します。小型で持ち運びしやすいため大量に設置することも可能です。価格も比較的安価で購入することもできますし、知識があればホームセンターで材料を揃えれば自分で作ることもできるでしょう。輪の直径は12cm以下程度し、幼児やペットのいる場所では誤って引っ掛からないよう注意してください。

 

どのようなエサを使用すべきか

どのようなエサを使用すべきか

 

罠を設置する際にはエサが必要になります。ハクビシンは雑食性なためカエルやねずみ、昆虫、果物など何でも食べます。しかし、罠に設置するエサはなるべく簡単に入手できる身近なものが良いでしょう。

 

ハクビシンは甘い果物を好むため、バナナやリンゴ、ナシなどを使用すると良いです。吊り餌式の罠を使用する場合は、リンゴなど固く突き刺しても落ちないものを選ぶようにしましょう。バナナなどの柔らかいものはエサだけ外して逃げていくこともあるため気をつけてください。ミカンネットなどにエサを入れてそれをトリガーに結びつけることもできます。こうすることで針に突き刺さらない柔らかいエサの使用も可能になります。他にもピーナッツや魚肉ソーセージなどの使用も効果的です。

 

仕掛ける場所のポイント

罠を仕掛ける場所のポイントはいくつかあります。ハクビシンがどのルートから侵入しているかを把握しておかなければいけません。適切な箇所に罠を設置しなければ、捕獲率も大きく低下します。 ハクビシンが通ったと思われる獣道や足跡などの痕跡を探すことで効果的な仕掛け場所を見つけること可能です。ハクビシンは畑の用水路や川の周辺をよく通ります。さらに同じ場所を通る習性があるため、そこに罠を仕掛けると良いでしょう。

 

箱罠を設置する際には平らな場所を選ぶようにしましょう。箱罠が不安定な状態ですと、エサを食べに来たハクビシンが警戒してしまいます。斜めに設置してしまうことでトリガーの動きが重くなり、罠が正常に作動しない可能性もあります。

 

他にもハクビシンが箱罠に寄り掛かかることや、上に乗ってしまうと箱罠が揺れ、トリガーが外れてしまうこともあるので注意が必要です。平らな場所がない場合は足などで地面を少し慣らしてから設置するようにしてください。

 

「鳥獣保護法」という法律に注意する

「鳥獣保護法」という法律に注意する

 

ハクビシンの捕獲方法についていくつかご紹介してきましたが、ハクビシンは「鳥獣保護法」という法律により許可なく捕まえ、処分することができません。そのため自分で駆除してしまうと鳥獣保護法を違反したということになってしまいます。

 

しかし農作物や生活被害を発生させているハクビシンに対しては、県や市の許可を受けることで捕獲することができます。捕獲する際には国に指定された「狩猟免許」が必要です。そのため捕獲したいと考えている場合は、狩猟免許を持つプロの業者に依頼すると良いでしょう。業者に依頼することで罠の設置も行ってもらえます。

 

ハクビシンの被害に遭われたとしても自分で解決することは困難です。自治体によっては箱罠を設置してもらえる場合もあります。正しい方法で駆除を行わなければ鳥獣保護法を違反してしまうことになるため注意しましょう。

 

まとめ

ハクビシンを捕獲するための罠はいくつもあります。それぞれ特徴が異なるため、ご自身の状況に合わせて使い分けることが重要です。仕掛けるエサや場所について知っておくことで、より効果を得ることができるでしょう。

 

ハクビシンを捕獲する際は鳥獣保護法に注意しなくてはいけません。無許可で捕獲してしまうと大きなトラブルに巻き込まれてしまう恐れがあります。捕獲を行う際には県や市の許可を得て、狩猟免許を持つプロの業者に依頼すると良いです。プロによるスムーズな作業と、安心感を得ることができるでしょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣駆除に関するよくあるご質問

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら