アライグマ・イタチ・ハクビシン駆除の事なら害獣駆除110番TOP > 最新情報・レポート > チョウセンイタチを駆除したい!イタチによる被害と対策を解説

最新情報・レポート

チョウセンイタチを駆除したい!イタチによる被害と対策を解説

チョウセンイタチを駆除したい!イタチによる被害と対策を解説

「屋根裏でガタガタと物音がする。」「家の中で臭いニオイがする。」ということに悩まされてはいませんか?もしかしたらそれは、家の中に「イタチが侵入してきた」サインかもしれません。チョウセンイタチは害獣で、人間への被害を与えてきます。見つけたらすぐに駆除したいです。チョウセンイタチの駆除方法や対策、イタチによる被害について解説していきます。

チョウセンイタチの生態と特徴

いま日本の家屋で被害を起こしているイタチの多く「チョウセンイタチ」と呼ばれる種類です。まずは、このチョウセンイタチの特徴について紹介していきます。

身体的特徴

チョウセンイタチの身体的特徴は以下の通りです。

  • ●体の色:黄色の褐色
  • ●体長:約30センチ
  • ●体重(オス):約700g
  •  体重(メス):約400g
  • ●しっぽ:10㎝~20㎝
  •  

    生息地域

    チョウセンイタチの大半は西日本の地域に生息しています。元々はエサを求めて川や池に生息していたのですが、ここ近年は食べ物を狙って人が住む都市部へ生息地域を広げてきました。山が近い地域に生息していると思われがちですが、今では大都市である大阪でもチョウセンイタチの被害が後を絶たない状態です。

    都市部に侵入してきたチョウセンイタチは、イタチが住みやすい環境を求めます。イタチにとって家屋の屋根裏や天井裏は非常に安全で、暖かく住みやすい環境と言えるでしょう。

    活動時期

    イタチは夜間を中心に活動しています。人が寝静まった時間を狙ってエサを求めて動き回ります。木登りが得意で、夜に高いところから家屋の屋根裏に侵入してくるケースをあります。夜の活動が多いイタチですが、昼間で見るケースも増えてきています。環境や地域によって変化するみたいですが、昼間も見かけるケースがあることを覚えておきましょう。また、イタチは冬眠しない生き物で、一年中活動しているのも厄介です。

    何を食べるの?

    チョウセンイタチは主にネズミといった小動物を捕食しますが、雑食な食性をしています。ネズミの他にも、カエル・鳥類(ニワトリなど)・昆虫や魚など、なんでも食べます。動物の他に果物も食べ、農作物を求め人間の敷地内に入ってきます。

    繁殖時期

    チョウセンイタチの繁殖時期は、3月~5月の春です。1回の平均で4~5頭のイタチを出産するので、野放しにしていると年々イタチが増えてくるのが分かります。

    チョウセンイタチによる被害

    チョウセンイタチによる被害

     

    チョウセンイタチを野放ししていると、いったいどのような被害が出てくるのでしょうか。

    イタチのフン害

    チョウセンイタチは住むのに安全な場所を求めて、家の屋根裏に侵入してきます。そのとき、被害の原因になるのが「チョウセンイタチによるフン害」です。イタチのフンからは、とても臭いニオイが出てきます。そのニオイは人間にとって大変不快に感じるものでしょう。イタチは「同じ場所にフンをする習性」があります。

    屋内でイタチが侵入するのは屋根裏で、そこにフンや尿をされてしまったら対処は難しいし、何よりもニオイがキツイです。日ごろ生活している家の屋根裏にイタチのフンがあって、どんどんと臭いニオイが染みついてしまっては、まともに生活ができなくなってしまうので、チョウセンイタチを駆除してフンを取り除いていきたいです。

    騒音被害

    イタチは夜間に行動するということを、活動時期の部分で解説しました。屋根裏に侵入してきたチョウセンイタチは、人が寝静まった夜にガタガタと音を立てて動き回ります。夜寝静まったころに音を立てて動き回られてしまったら、まともに眠くことができなくなってしまいます。騒音被害で眠れなくなるのはストレスの原因にもなってきます。

    衛生面での被害

    チョウセンイタチの体には、ノミやダニといった害虫が住みついています。イタチに家の中を動き回られてしまったら、体についているノミ・ダニが家の中に飛び散ってしまって、それが原因でアレルギー症状を起こしてしまうかもしれません。また、チョウセンイタチが排出したフンに菌がついているかもしれません。フンから菌が体に感染して、人間に悪影響を与えるかもしれないので、絶対手で触れないようにしてください。

    子供やペットがいる場合は注意を

    チョウセンイタチはとても攻撃的で、小さい子供やペットに襲い掛かって噛みついてくる場合もあるので注意です。屋内のチョウセンイタチだけではなく、屋外で飼っているペットに夜間イタチが襲い掛かるケースもあるので、屋外の被害も注意してください。

    また、子供は菌に感染しやすかったり、ノミやダニに刺されやすいこともあるので、特に乳幼児がいる場合はチョウセンイタチによる被害に注意して、家にいなくなるようにしっかりと駆除していきましょう。

    チョウセンイタチの駆除方法

    チョウセンイタチの駆除方法

     

    チョウセンイタチによる被害が人間にとって、たいへん厄介ということが分かりました。「絶対チョウセンイタチを家に侵入させたくない。」「家に入ってしまったチョウセンイタチを完全に駆除して、ニオイも残さないようにしたい。」という強い気持ちが出てきます。それでは、チョウセンイタチの駆除を行うにはどのようにすればいいのか?チョウセンイタチを家に近づけない対策も合わせて、紹介していきます。

    まずは近づけないように!

    家に侵入してしまったチョウセンイタチの駆除を個人で行うのはとても大変で、すごく手間がかかってしまいます。駆除が大変な理由として、イタチは駆除や捕獲をする前に、自治体の許可を取らなければいけません。また、イタチは凶暴な性格で、捕まえようとすると噛みついてくるかもしれません。噛まれた傷口から菌が入ってしまって、病気になってしまう危険性もあります。

    駆除が大変な理由が分かった上で、しっかりと駆除を行うにも業者に依頼するのが良いでしょう。チョウセンイタチが家に近づいてきたときの対策、入ってしまったときの対策はどうすればいいのか。家の外からのチョウセンイタチの侵入対策には、「嫌がるニオイでイタチを侵入させない」「侵入口をふさいでイタチを侵入させない」の2つの対策を取ってください。

    家の中にチョウセンイタチが入ってしまったときの対策には、「動物忌避剤を使いイタチを追い出す」方法を取ってください。家に侵入してしまって駆除できない場合は、プロの業者に頼むことも検討してみてください。

    嫌がるニオイでイタチを退治しよう

    嗅覚が発達しているチョウセンイタチが嫌がるニオイがあります。イタチが嫌うニオイは「石鹸のニオイ」「お酢のニオイ」が挙げられます。ニオイが強いものだと「木酢液」が有効です。ただ、ニオイが強すぎて人間に害を与えてしまう場合もあるので、強すぎる場合は液を薄めて使用してください。

    「石鹸液」や「お酢」も有効です。こちらは人間にとって害を与えるニオイはないのですが、チョウセンイタチによって弱いニオイで、対策としても弱いかもしれないので、頻繁に液を置いてニオイを出すようにしてください。

    侵入口をふさごう

    チョウセンイタチは3cmぐらいの小さなすき間からでも侵入してきます。侵入してきそうな小さな穴を見つけたら、網目の小さな金網などを利用して、チョウセンイタチが侵入しないように対策してください。

    動物忌避剤を使おう

    忌避剤とは、有害生物を近づけさせないようにする薬剤です。今回の場合はチョウセンイタチを近づけさせないようにする動物忌避剤です。イタチは「煙が苦手」なので、煙型の忌避剤を使うのが有効的です。家の中で使う場合は煙の被害が出ないように事前に注意してから使用してください。イタチが侵入してきそうな穴を見つけたら、その近くに忌避剤を設置するのも有効的かもしれません。

    イタチ駆除とアフターケアは業者に頼もう

    チョウセンイタチは屋根裏に侵入してきて、駆除が大変だと思います。屋根裏にフンを残してしまったら、駆除後の消臭や消毒はさらにたいへんで、個人では行えないでしょう。屋内でのチョウセンイタチの駆除に困ってしまったら、専門家であるプロの業者に相談してみてください。イタチの駆除はもちろんのこと、消臭などのアフターケアも行えるので、イタチを感じさせない生活を取り戻せるでしょう。

    まとめ

    家に侵入してしまったチョウセンイタチの駆除はたいへん難しいことが分かったと思います。特に家についてしまった強烈なニオイを完ぺきに取ることは個人では至難の業です。チョウセンイタチの駆除に困ってしまったら、被害が広がる前にイタチ駆除のプロの業者に依頼してみてはいかがでしょうか。

    消臭のアフターケアも含めて、チョウセンイタチの完全駆除をすることができるのでオススメです。そして、再度侵入されないように対策を行うようにしてください。

    このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
    1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
    Loading...
    0120-949-085
    サービス品質について
    無料相談窓口へ
    よくあるご質問
    職人さん募集中
    スタッフ紹介
    他社との比較

    害獣駆除に関するよくあるご質問

    害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

    はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

    回答の詳細はこちら

    駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

    配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

    回答の詳細はこちら

    駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

    害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

    回答の詳細はこちら