最新情報・レポート

イタチの性格を知り、駆除に役立てましょう

イタチはその見た目とは裏腹に、肉食性が強い動物です。近年、都会でも被害が見られるようになったとおり、被害は徐々に拡大しています。
イタチの主な被害は、夜間の騒音や、屋内の悪臭、ペットへの被害など、わたしたちの生活を脅かすものばかりです。
そのため、イタチ被害に遭った場合は早めに解決したいものですが、イタチの駆除をするには鳥獣保護法や、市町村の法令などに考慮しなくてはいけません。仮に追い払えても、再び戻ってきて被害を与えることもあるようです。
すんなりとはいかないケースも多いイタチ駆除ですが、まずはイタチの性格を知ることから対策を始めましょう。



イタチ

見た目は可愛いイタチ

イタチ、フェレット、オコジョといった動物をご存知でしょうか?これらの動物は可愛らしい顔から、約20年前から日本でも注目を集めるようになりました。どれも可愛らしい小型動物ですが、外見が似ていることから、どれがどれだか判断がつかないという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

イタチといえば一般的にニホンイタチを指しますが、イタチとは正確にはネコ目の中でもイタチ科・イタチ属に分類される動物の総称です。フェレットやオコジョ、イイズナなどの動物はすべてイタチ属の兄弟と言えます。細い体に長いしっぽ、そして可愛らしい顔が特徴で、サイズはオスとメスにより大きく異なりますが、10センチから40センチほどで、ネコと同じくらいの大きさです。

イタチにはさまざまな種類のものがいますが、ヨーロッパでペット用として品種改良されて生まれたフェレットや、真っ白な毛が特徴のオコジョ、ネコ目の中でもサイズが最小であるイイズナなどがいます。
ほかにも、ニホンイタチとチョウセンイタチといった種類のイタチが日本国内の広い範囲で生息しています。どちらも野生の動物として生息しており、外見や生息方法が非常に似ています。チョウセンイタチには毛皮の需要が高まったため日本列島に持ち込まれたという歴史があり、その後日本固有のニホンイタチはチョウセンイタチから生息地を奪われてきたため、地域によってはニホンイタチの絶滅が危ぶまれています。


イタチの特徴を知りましょう

見た目が可愛らしいイタチですが、イタチの性格や活動にはどのような特徴があるのでしょうか。
ペットとして飼育されているフェレットが非常に人懐っこい一方で、野生のイタチやオコジョは気性が荒く、攻撃的です。かわいい顔に反して鋭い牙と長い爪を持っており、噛みつかれたり引っかかれたりする可能性もあるため、安易に近づくことは危険です。
イタチは雑食性ですが肉食性が強く、自分よりサイズの大きな相手にも果敢に襲い掛かり捕食するようです。
イタチは日中に活動することもありますが基本的には夜行性で、穴を掘ったり、小さな隙間に潜り込んだり、壁を登ったりすることもできます。器用さと柔軟性をあわせ持ったイタチは、気づかれることなく上手く民家に住みつき、夜に騒音を立てる、生ごみを漁る、農家の作物を食い荒らすといったことで人間の生活に悪影響を与えています。


忌避の前にはイタチの弱点を掴む

凶暴でしたたかなイタチにも、弱点はあります。それらの弱点を利用すれば、イタチに近づくことなく安全に忌避を図ることができます。

イタチの弱点の一つは臭いです。イタチは非常に発達した嗅覚を持っているため、強烈な臭いに弱いのです。イタチは特に害虫駆除に使われる忌避剤や、漂白剤の臭いを嫌う傾向にあります。市販で売られているイタチ用忌避剤や木酢液、固形の殺虫剤などをイタチが侵入する可能性の高い場所に設置すると、イタチ忌避の効果が期待できます。

イタチには強い光をあてられると、人に発見されたと思い込み逃げていく習性があります。この習性を利用した、イタチが近づくと強い光を放ってくれる忌避装置が販売されています。また、夜行性の動物には青色のLEDライトが有効であることも知られています。忌避装置の設置をお考えの際にはライトの色に注目するといいかもしれません。
より簡単な忌避方法には、CDを吊り下げる方法や、イルミネーション用の光を使用する方法などもあります。


イタチ駆除の難しさ

上記のような忌避方法は有効ですが、イタチがどうしても住宅や農家に寄ってきてしまう可能性はあります。害獣は住み心地のいい場所を発見すると、何度も訪問し、やがて住みつくようになるので、イタチの被害に遭ったご家庭は、できるだけ早く駆除をすることをおすすめします。
とはいっても、イタチをご自分で捕獲しようとするのは非常に危険です。イタチは凶暴なので、むやみやたらに近づくと、たとえ男の人でもケガをする可能性があります。また、イタチは不衛生でもあるため、病気を患ったりする可能性があります。

イタチを自分で駆除することが、法律違反になる場合もあります

法律遵守
日本には、野生の鳥類や動物とそれらが影響する生態系の保護を目的とした「鳥獣保護法」という法律があります。この法律では、メスのイタチの捕獲が全面的に禁止されています。オスの捕獲にも規制があり、狩猟期間外の時期の捕獲や市町村への届け出をしていない者による駆除・捕獲は禁止されています。イタチのオスとメスには体長の違いがありますが、明確ではなく、一目で判別するのは難しいでしょうし、オスであると判断できたとしても、届け出を出し許可をもらうなど、手間がかかってしまいますので、害獣駆除の業者に頼むのが安全で楽な方法と言えます。


まとめ

イタチはペットとして人気なフェレットと違い、可愛い見た目に反して凶暴で、衛生的にも問題があります。また、イタチの特徴や法律が絡んでくることもあり、捕獲・駆除するのは難しく厄介なのです。イタチなどの害獣の駆除をする際には、害獣駆除の知識を持ったプロに任せることが、安全かつ早急に駆除をするための最善策と言えるでしょう。
イタチの駆除はプロにお任せすることが得策ですが、ご自身で対策をすることも効果的です。本記事でご紹介したイタチの特徴と忌避方法を参考にして、イタチ対策を行ってみてはいかがでしょうか。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼