アライグマ・イタチ・ハクビシン駆除の事なら害獣駆除110番TOP > 鋭い爪や牙を持つ動物だということを忘れないでください

最新情報・レポート

鋭い爪や牙を持つ動物だということを忘れないでください

アライグマやハクビシン、イタチは動物園などでも見ることが出来るものです。比較的身体の大きなアライグマでも、中型犬程度の大きさですから、害獣という名に反して可愛らしいと思われる方も多いかもしれませんが、実際のところはどうでしょうか?
基本的に、現在ペットとして飼われている動物でも、人間に対して噛み付いたり引っ掻いたりします。一緒に暮らすうちにトレーニングや慣れにより、そういう行為は減る傾向にありますが、害獣たちにそれは期待できません。
特に小さなお子様などは、害獣を見かけると好奇心から餌をあげようとしたり、触ろうとして近づくこともあるかもしれませんが、大変危険な行為です。
アライグマなどの害獣は大変鋭い爪や牙を持っていますので、万が一引っかかれたり、噛み付かれたら大怪我になる恐れがあります。
また、爪や牙には様々な雑菌が付着していて、傷口から体内に入って病気になることも考えられます。
安全のためにも、害獣を見つけてもお子様には近寄らないように言うとともに、大人の方でも、決して近づかないようにしてください。
そして、害獣を発見次第、当サイトにご連絡ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
他社との比較

害獣駆除に関するよくあるご質問

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿がたまった場所に関しては、清掃と消毒を行わせていただきます。天井板の張替え等も行うことが可能なので、どの範囲まで対応をするかお見積り時にスタッフが説明をさせていただきます。その際何かご要望があればお気軽にご相談ください。

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本的には、再び侵入をさせないために、侵入経路口を塞ぐのですが、それでも対応が出来なかった場合の対応などを、現地スタッフへご確認ください。また別の経路を作っているなど現状が変わっている可能性もあるので、現地スタッフが改めて対応させていただく場合もございます。お客様自身での対応は危険ですので、何かトラブルが合った際は、お気軽にご相談ください。

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は害獣にとって居心地が良い場所だということですので、まず侵入されないようにする事が大切です。餌となる食べ物を放置したり、家の床下や屋根裏に隙間がある時には埋めてしまう必要があります。

回答の詳細はこちら