最新情報・レポート

迂闊に近づかないようにする

タヌキやアライグマ、ハクビシンといった害獣は、見た目の可愛さもあり、ついつい近づいて触りたくなってしまうこともあるでしょう。しかし、それは危険な行為なのです。特にアライグマは凶暴な性格をしており、自分より大きい人間が相手でも臆することなく襲い掛かってくることがあります。タヌキやハクビシンは基本的には大人しいですが、絶対に噛みつかないとは言えないのです。仮に噛みつかれてしまった場合は、早急に対処が必要です。これらの害獣は体内に幾つもの病原菌を保有しているため、噛みつかれたことがきっかけで、感染してしまう可能性は大いにあるのです。特に狂犬病などは、ワクチン接種を行わないとほぼ確実に死に至るほど危険な病気です。万が一咬まれてしまった場合は、患部を水道水など清潔な水でよく洗い、念のために消毒もしておくと良いです。そして、どれだけ小さい傷でも直ぐに病院へ行きましょう。傷口が化膿して熱が出てからだと、治療が大変になるのです。小さな傷だからと放置していると、思わぬ病が発症する可能性もあるのです。実際にタヌキに咬まれて5mm程度の怪我を負った方が、翌日に体調を崩したため、病院で検査してもらうと傷口から大腸菌や黄色ブドウ球菌など複数の菌が検出されたそうです。日本においては、狂犬病の発生は1957年を最後に確認されていませんが、その他の感染症にかかる危険性はあるのです。これらの危険性を回避するためにも、害獣を見つけたときは迂闊に近づかず、害獣駆除業者に駆除を依頼しましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼