最新情報・レポート

見つけても触らないで

皆さんはアライグマやハクビシン、イタチに対して、可愛らしいというイメージを抱かれているのではないでしょうか。アライグマはキャラクターとして有名で、イタチはペットとして知られるフェレットも同じイタチ科なので、触ってみたくなるかもしれません。ハクビシンもどことなくネコに似た害獣で、ネコに間違われることもあるようです。しかしこれらの害獣を見つけても、触ってはいけません。害獣たちは警戒心が強いので、人が近づいてくることを好みません。もしも皆さんが近寄っても、害獣たちは逃げていくことが多いでしょう。しかしもしも害獣のいる現場に鉢合わせたり、皆さんが故意に触ったりした場合は害獣が攻撃を仕掛けることがあります。アライグマは鋭い爪を持っていますし、イタチは大きな動物でも捕まえられるような鋭い歯があるため、皆さんが怪我をしてしまうのです。またこのような害獣は体表にダニやノミを付けていることも考えられるので、それによる被害も心配です。このように害獣に触れるという行為は、非常に危険なものとなっています。例え体が小さな子どもの害獣であっても、触ることはやめましょう。もしも害獣が発見されたら、触れることを考えずに害獣駆除に対応する業者を呼びましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼