最新情報・レポート

臭いによる被害は侮れません

アライグマやハクビシン、イタチなど小さな害獣による被害は、決して侮ることが出来ません。農作物の被害はもちろん、住宅に住みついた害獣の中には断熱材などを食い荒らして、自分の巣材として利用するものまでいます。
そんな被害の1つに、臭いによるものがあります。
なんだ、臭い程度と思われるかもしれませんが、動物園やペットショップのような場所ならともかく、閉鎖空間、しかも自分の家で害獣の糞尿の臭いがするというのはかなりの苦痛を伴います。
また、あまりに臭いがきついと、お部屋の中の家具調度はもちろん、衣類にまで臭いが付いてしまい、とてもではありませんがそんなものを着て出歩くことは出来ないでしょう。
だからこそ、害獣駆除を行い、臭いの元を立つことが必要とされています。
害獣駆除業者の中には、ただ害獣を追い払うだけでなく、糞尿の処理などを行ってくれるところもありますので、臭いによる被害にお悩みの方は、一度ご相談されてはいかがでしょうか。
当サイトでは害獣駆除に関するご相談を24時間いつでも受付していますので、お気軽にご連絡ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼