最新情報・レポート

繁殖期に入られると厄介です

動物の繁殖期は、暖かくなってきた春に集中する傾向があります。
アライグマは1月から3月、イタチは4月から5月と言われています。ハクビシンだけは例外的に、通年での繁殖が認められる害獣ですが、暖かくて餌も多くなる今からの時期は、出産後の子育てにも適していますから、より脅威かもしれません。
人間は生まれてから自分の力で生きられるようになるまで、10数年の時間を要します。しかし野生動物は、生まれてすぐに立ち上がり、更には数ヶ月で自分で自分の食料を確保するに至るものも多いです。
アライグマやイタチ、ハクビシンのような小さな動物ではそれが顕著で、しかも子沢山なので数はどんどん増えていきます。 一度出産と子育て、そして親離れがうまくいくと、猛烈なスピードで害獣はその数を増やしていきます。
親がまだ子供を元気に産んでいる頃にも、子供は次々に大人になっていくのです。
もし、害獣の姿をご自宅の近くに見つけたら、すでに巣を作られていないかなどを屋根裏害獣駆除のプロなどにご相談し、調査してもらうと良いでしょう。
被害が大きくなる前に、追い出して侵入防止をするなどの対策が取れるかもしれません。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼