アライグマ・イタチ・ハクビシン駆除の事なら害獣駆除110番TOP > 最新情報・レポート > 秋が近づくにつれて、被害が増えだします

最新情報・レポート

秋が近づくにつれて、被害が増えだします

住宅内、特に屋根裏での害獣被害は、糞尿や溜め込んだエサが腐敗することによる悪臭、足音や鳴き声による騒音、害獣自体に寄生していたダニやノミが室内に侵入することによる被害があります。
これらの被害が起きて初めて害獣の侵入に気が付く事も多いようですが、皆さんのご家庭ではどうでしょうか?

夏場、家の屋根裏というのはとても暑くなる場所です。日本の気候に馴染んだアライグマやハクビシンでも、さすがに暑くなる場所は避けるようで、屋外の涼しい場所に巣を作っているようです。
しかし、秋が近づき涼しくなってくると、徐々に住宅屋根裏に戻ってくるハクビシンやアライグマも多いようです。
一度目を付けられれば、特にハクビシンはいくつかの家族がグループで行動する動物ですので、被害が大きくなっていく一方です。

ハクビシンもアライグマも、基本的には鳥獣保護法による保護を受けている動物ですので、駆除については追い出す、入れないようにするという物が一般的です。
また金属製のケージを使って捕獲することも行われています。

これらの微妙な対策は、アライグマやハクビシンの習性を知っていないと難しいことです。ハクビシンやアライグマ相手に対策は、専門の駆除業者にお任せするのがお勧めです。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
0120-949-085
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
他社との比較