最新情報・レポート

狂犬病

毎年世界中で約5万人の死者を出している「狂犬病」。 一般的には感染した動物の噛み傷などから唾液が付着し、ウイルスが 伝染してしまう場合が多く、傷口や唇などの粘膜部をなめられた場合 にも危険性が高いもので、病名に「犬」がつくことから感染するのは 犬だと思い込んでいる方も少なくありません。 なんとあのアライグマも、狂犬病に感染する動物なのです。 対処法としてはなるべくアライグマとの接触を避け、糞をする場所には 近づかないことですが、そのまま放置することは命の危険性を野放しに することと同義です。 もしご近所でアライグマを見られた方や、被害に悩まされている方が いらっしゃったら、すぐに専門業者へ連絡されることをおすすめします。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼