最新情報・レポート

殺処分を好まない人もご相談を

鳥獣保護法があるのはご存じですか? アライグマやイタチ、ハクビシンなどの害獣は、鳥獣保護法によって守られているので、 勝手に自分達で害獣駆除を行うことは出来ないのです。 ですので、もしお住まいの自宅の庭や畑、屋根裏などを荒らされていても、 勝手に罠を仕掛けて捕獲したり、殺処分することが出来ません。 人によっては、何とも理不尽に感じられている方がいらっしゃると思いますが、 仕方がないので、法に基づいた専門業者に害獣駆除をご依頼されることをオススメいたします。 ちなみに、害獣の殺処分に嫌悪感を感じている方もたくさんいらっしゃると思います。 インターネットで検索すると、害獣の殺処分の模様を写真と一緒に記載したところがあり、 写真には捕獲器ごと袋に入れたアライグマに二酸化炭素を注入したところが写っています。 動画ではないので、アライグマの鳴き声を聴くことは出来ませんが、 その写真を見ただけでも嫌な気持ちになりますよね。 ですので、害獣の殺処分を避けたい方がいらっしゃいましたら、そちらも専門業者にご相談ください。 当サイトの「害獣駆除110番」をご利用すれば、優秀な専門業者がお客様のご要望に応えてくれると思います。 どうぞ、よろしくお願いいたします。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼