最新情報・レポート

捕まえた時が危険です

害獣駆除は基本的にはそれを扱う業者にまかせることが多いかと思います。しかし、許可や資格などを取得すれば私たちでもできないことはありません。害獣駆除のために許可を自治体にもらって、檻かごを使うために狩猟免許を取得すれば私たちでも害獣駆除はできないことではないのです。しかし、ただ資格や許可を持っていても作業に慣れていないと失敗をしてしまうかもしれません。害獣駆除を成功させ、害獣を罠にかけた時が大変です。害獣は酷く興奮をして、大暴れをします。その時の対応を間違えてしまいますと皆さまがケガをしてしまう可能性がありますので、もし自力でやりたいという方は最後まで油断をしないようにしましょう。もちろん資格や許可を、わざわざ害獣駆除のためだけに取得するのは嫌だという方は害獣駆除を扱う業者におまかせいただければ問題ありません。業者は害獣の扱いに慣れていますので、捕まえた後の興奮した害獣に対しても冷静に対処をすることができます。資格や許可もとっていますので皆さまが取得をする必要性もありません。害獣駆除には色々と手続きや許可が必要ですし、捕まえた後の対処も大変なのです。もし自分で害獣駆除をやりたいという方はこういった点についてもよく考えておきましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼