最新情報・レポート

恐ろしい害獣の実態

住人の知らぬ間に屋根裏に忍び込み人間に悪さをする動物。俗に害獣と呼ばれています。ただ「害獣と言われてもどんな種類がいるのか教えてくれないと困る」という方もいらっしゃると思いますので、ここでは主な害獣をご紹介します。どうぞ、ご参考いただけますと幸いです。

【ハクビシン】
体長およそ60センチ前後の、ジャコウネコ科の外来種です。夜中に屋根裏で何かが走り回る音を聞くことがあるというケースがありますが、その正体はハクビシンであることが多いようです。その被害は特定の場所に大量に排泄される糞尿、ダニ・カビ・ノミの繁殖、そのうえ病原菌までまき散らすので、非常に厄介な動物と言えます。
【アライグマ】
ペットとして飼われていたものが野生化し害獣と化すものが多いようです。ハクビシンと同じく糞尿被害のうえ、厄介なのが「繁殖力が非常に強い」ということです。少し放置する間に大量に繁殖しているということも考えられます。そのかわいらしいイメージとは裏腹に、かなり凶暴性が強いというのも大きな問題と言って良いでしょう。

どの害獣も繁殖してしまう前に、早めの害獣駆除をお勧めします。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼