最新情報・レポート

幼獣から成獣へ成長すると被害も増えます

どんな動物でも、赤ん坊の頃があります。私達人間だって、母親のお乳を飲んでいた頃があったわけです。

ただ、人間に比べると野生動物というのは、親から独立するのがとても早いです。

例えば、私達が害獣と言っているアライグマやハクビシンでは、生後1年もすると繁殖可能になっているので、立派に親から離れているといえるでしょう。

親離れが早く、繁殖可能になっているということは、数が増えるスピードも人間とは比べ物にならないということです。人間は20年から30年かけて、ようやく子供を2人とか、多くても3人程度が一般的です。でも、アライグマやハクビシンでは年に1回、3頭から4頭程度を産みます。寿命の違いや、赤ん坊の死亡率を考えても、私達が考えている以上にアライグマやハクビシンの増殖スピードは早く、放置しておくと被害が増えるばかりです。

エサが足りなくなれば人家の周辺に出没して、生ごみや家庭菜園の野菜、ペットフード、ひどい場合はペットに襲いかかる場合も考えられますので、油断は出来ません。

こうした被害を減らすには、アライグマやハクビシンが来る場合はペットフードなどを外に出しっぱなしにしないこと、ペット、特にインコやハムスターなどの小さなペットを軒先など、直ぐに害獣が襲いかかることが出来る場所に放置しないこと、家庭菜園にはネットを張って、生ごみなどはフタ付きの容器に保管しておくことが必要です。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼