最新情報・レポート

寒くなってくると数が増えます

古来、日本の家は通気性を再重視した設計で、屋根裏、床下、室内はどれも風をよく通し、室内に湿気を貯めこまない構造となっていました。 ただ、最近は24時間空調や換気システムの導入、除湿器などの性能向上で、住宅そのものは、どちらかという気密性を高めて、冷暖房効率を上げる方向に向かっています。 特に冬場の断熱性能は向上しており、最近では屋根裏まで断熱して、家全体の温度の変化を和らげるような構造も登場しています。 こうした環境が整うにつれて、外からのハクビシンやイタチの侵入が増えています。イタチやハクビシンも、巣穴は温かい場所を選ぶので、外敵のいない日本の人家の屋根裏というのは絶好の場所です。 人の目の届きにくい場所なので、気がついた時には糞尿の臭いや足音など大きな被害を受けていることが多いようです。中々駆除も簡単に行えるものではありませんので、屋根裏のイタチやハクビシンの駆除をしたいという時には、害獣駆除に対応できる業者を探してご依頼されることをオススメします。 当サイトでは皆様からの害獣駆除に関するお電話を、24時間体制でお待ちしておりますので、ご連絡はお気軽にどうぞ。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼