最新情報・レポート

害獣駆除と罠

タヌキやハクビシンなどの害獣を駆除する際には、罠が使用されます。 一般的な罠としては金属製のカゴで作られた箱罠が多く用いられ、中に 餌を吊るして置いて、その餌に触れるとバネにより、箱の扉が閉まると 言う仕組みになっています。 しかし、警戒心が強い害獣に対しては、突然罠を仕掛けただけだと掛か らない場合が多く、市販の罠を仕掛けただけでは駆除は出来ないことが 殆どです。 適切なタイミングと設置場所を選び、罠を使用することで初めて駆除が 出来るといわれています、もし、ご自宅や近隣の害獣の駆除をお考えの 場合、まず専門業者へご相談されることをお勧めいたします。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼