最新情報・レポート

害獣駆除と法律

害獣駆除を勝手に行ってはならないと言うことをご存知でしょうか? 害獣というのは人間が勝手につけたカテゴリーで、実際には保護獣として分類されている動物も居るのです。 まず法律としては鳥獣保護法、狩猟法、動物愛護法、外来動物法などがあって、そのほかにも地方自治体の定める条例などがあり、勝手に駆除を行うと罰せられてしまいます。 例えば近年猛威を振るいつつあるハクビシンは、駆除をしてはいけない動物なのです。何故ならば、外来種の動物ですが、いつ頃から日本に侵入したか分からないので、駆除対象になっていないのです。 それらの許可を取るには煩雑な申請が必要ですし、駆除にも専門の知識が必要なので、専門家へのご相談、ご連絡をお勧めします。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼