アライグマ・イタチ・ハクビシン駆除の事なら害獣駆除110番TOP > 害獣被害の増加の原因

最新情報・レポート

害獣被害の増加の原因

アライグマ・ハクビシン・イタチ。それ以外にも、日本には多くの害獣たちが生息しています。昔から害獣被害は発生していましたが、近年はより一層害獣被害への対策が求められているようです。その被害額も甚大なものになっていますが、そもそもどうして害獣被害が増加しているのでしょうか。それには、以下のような理由が考えられるようです。

・放獣
アライグマに代表されるように、外国から輸入されてきた動物が、飼いきれなくなったり脱走したりすることによって野に放たれる事があります。日本の環境に適応力が無ければ生き残れないかもしれませんが、逆に、天敵がいないことから大量に繁殖してしまうこともあります。そうなりますと、人間だけでなく生態系にも大きな悪影響を与えてしまいます。

・環境の変化
近年は少雪化や暖冬傾向にあり、動物たちの生息域が広がりつつあるようです。そうなりますと、人間と動物たちとの生活圏が被るようになったり、個体数が増加してしまったりといった問題が発生します。加えて、放置された農地が動物たちに餌を提供する形になっていることもあるようです。

・狩猟の減少
害獣の中には、狩猟動物に指定されているものも存在します。しかし現代は狩猟が免許制となり、更に狩猟者の高齢化も進んでいることから、狩猟が衰退しています。それによって、人間が動物たちの天敵ではなくなりつつあるのです。

もしも害獣被害に遭っている場合には、速やかに害獣駆除を行わなければいけません。しかし、害獣たちの増加の原因が私達人間にあるというケースも多々あります。今後の害獣被害を抑えるためにも、動物との付き合い方を考え直す必要があるのかもしれません。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
他社との比較

害獣駆除に関するよくあるご質問

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿がたまった場所に関しては、清掃と消毒を行わせていただきます。天井板の張替え等も行うことが可能なので、どの範囲まで対応をするかお見積り時にスタッフが説明をさせていただきます。その際何かご要望があればお気軽にご相談ください。

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本的には、再び侵入をさせないために、侵入経路口を塞ぐのですが、それでも対応が出来なかった場合の対応などを、現地スタッフへご確認ください。また別の経路を作っているなど現状が変わっている可能性もあるので、現地スタッフが改めて対応させていただく場合もございます。お客様自身での対応は危険ですので、何かトラブルが合った際は、お気軽にご相談ください。

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は害獣にとって居心地が良い場所だということですので、まず侵入されないようにする事が大切です。餌となる食べ物を放置したり、家の床下や屋根裏に隙間がある時には埋めてしまう必要があります。

回答の詳細はこちら