最新情報・レポート

害獣は捕獲しただけでも違法行為です!

【害獣は捕獲しただけでも違法!】
許可を得ずに、勝手に害獣を駆除することは法律で禁止されています。これらの内容は既にご存知の方もいらっしゃるかもしれません。しかし、「捕獲」はどうなのでしょうか。たとえば、自宅に害獣が来るようになったので、捕獲した上で遠くの場所に移動し、人里離れた場所で放したりする場合。この行動は、害獣に直接危害を加えた、とは言い難いかと思われます。ですが、このような行為も鳥獣保護法によって、禁止行為とされているのです。捕獲や巣の移動についても、許可なく行ってしまうと罰則が課せられる可能性があるので、注意しましょう。
【害獣の種類と法律】
害獣と言っても、鳥獣保護法に守られている種類と、そうではない種類があります。そのため、これらの害獣であれば軽率な行動は控えるようにしましょう。
・アライグマ
・ハクビシン
・イタチ
・タヌキ
・シカ
ここにはほんの一例をご紹介させて頂きました。他にもたくさんの種類がいますが、特にこれらの種類は代表的と言えます。また、注意点として「鳥獣保護法に定められていない害獣であれば、駆除を行っても良いのか?」という点に関して、答えはNOです。いくら鳥獣保護法に指定されていない害獣でも、動物の命を危険にさらしてしまう事自体が、動物愛護法などによって禁止とされています。そのため、どちらにせよ過度な行動は行わず、害獣駆除は業者の方にお任せするようにしましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼