最新情報・レポート

害獣の気配に気づいたら

人畜に被害を与える「害獣」は見た目や習性も様々です。しかし、中でも厄介なのが住居に侵入し、家屋などにダメージを与えるアライグマ、イタチ、ハクビシンなどの害獣です。一見可愛らしい動物なのですが、これらの動物は人間や農作物、家屋に被害を与える害獣として認知されています。特にアライグマやイタチ、ハクビシンは人間の住居に侵入し、屋根裏などに住み着いてしまうケースが多く、繁殖してしまうこともあります。これらの害獣に侵入されてしまった場合、天井裏で物音がするなどの騒音被害に遭ってしまいますが、この他にも糞尿による悪臭や細菌、ウイルスなどの病原体の被害も受けてしまうことがあります。糞尿の被害を受けてしまった場合、家屋の木材が腐食してしまうこともあるので、住宅の強度も低下してしまいます。いつ、どこから侵入してくるか見当もつかないため、対策は非常に難しいですが、もし害獣に住み着かれてしまった場合はまず、直接触らないということを覚えておきましょう。むやみに駆除しようとすることで本能的に咬みついたり、引っ掻いてきたりするので、特にペットや子供が近づかないように配慮しましょう。しかし、ハクビシンは鳥獣保護法、アライグマは外来生物法に指定されているため、個人での駆除には県や市からの許可を得なければなりません。怪我や病気などのリスクも考えると、主観での駆除はなるべく控え、害獣駆除業者に相談したほうが得策でしょう。被害が拡大する前に、早期解決するということが大切なのです。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼