最新情報・レポート

害獣の死骸は速やかに取り除く

害獣たちも動物です。心地よい住処、豊富な餌を求めて人間の住宅に侵入しても、寿命や病気などで死んでしまうという事があります。もしも、騒音や食害と言った害獣被害が唐突に止みましたら、それは害獣がいなくなったか、死んでしまったという事が考えられます。出ていったのなら問題ありませんが、死んでいたとなれば一大事です。すぐに、その死骸を処分しなければいけません。

人間もそうであるように、害獣たちも命を落とせば腐敗していきます。腐敗はすぐに始まり、死骸になって数日も経てば、そこは病害虫や悪臭の温床になってしまうと思われます。また害獣に寄生していた吸血ダニやノミなども、宿主の体温の低下を察知しますと、新たな宿主を探して周囲に跳び回ります。そうなれば、人間やペットが被害に遭う恐れもあります。

害獣は、命を落としても厄介な存在です。その死骸はすぐに取り除く必要がありますが、そもそも死骸があるのかどうかわからないということがあるでしょう。また、腐敗した死骸を清掃するのは気分的にも決して良いものではありませんし、何らかの病原菌や寄生虫などを媒介されてしまう恐れもあります。そのような事が無いように、死骸の清掃も害獣駆除のプロにおまかせください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼