最新情報・レポート

害獣による二次的被害

都心部の一般のマンションではあまり聞かれない話ですが、比較的山林が近い田舎のアパートや一戸建ての住宅では「害獣」の被害が生活する人々を悩ませ問題になっています。害獣にはいくつも種類がありますが、最も被害が多いのは「イタチ」「アライグマ」「ハクビシン」などです。本来は山林に棲んでいる生き物ですが、山林が削られ安住の場所が減ってきていたり、人間が出す生ごみなどエサとなるものが無防備に捨てられることがあったりということで、徐々に住宅地へと害獣たちが下りて来ているのが実情のようです。昔の家と違って最近の住宅は断熱性が高くなっており、一度天井裏などに入ってしまえば、そこは天敵もいない、害獣にとっては絶好の棲家です。最近はこうした屋根裏に害獣が棲み付いてしまう被害が非常に増えています。屋根裏に棲み付くと、まずはバタバタ走り回って眠りが妨害されるという「騒音」が問題になりますが、そればかりでなく、他にも害獣が排泄した尿や糞が天井に堆積して重みで落ちてきたり、害獣たちの体に付着していたダニやノミが繁殖して、それが次第に家の中に落ちてきて人に噛み付くという二次的な問題も出てきます。これでは安心して生活など出来ません。害獣が棲みついたとわかったら、被害が大きくなる前にすぐに駆除をしましょう。本サイトでは24時間受付をしていますのでお気軽にご利用ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼