最新情報・レポート

害獣が引き起こす隣人トラブル

自然が豊かな場所に暮らしている動物も、人間の居住エリアに降りてきますと害獣と認定されてしまう事があります。そんな害獣は戸建住宅に住み着く事もあれば、集合住宅に住み着いてしまうこともあります。そうなってしまいますと、害獣によって隣人トラブルが発生してしまうこともあるのです。具体的には、どのようなトラブルが考えられるのでしょうか。

・害獣による荒らし行為
害獣によっては、人間の出したゴミや、育てている果実などを食い荒らしてしまう事があります。動物たちにとって人間のルールは関係ありませんので、集合住宅の住民たちがルールを守っていてもその場は荒れてしまいます。

・広がる害獣被害
害獣は場所を選ばずに排泄行為を行ってしまいますので、その糞尿や臭いが周囲に広がってしまう事があります。また、同時に害虫を引き寄せたり、病原菌を周囲に蔓延させることがあります。場合によっては、住民がその被害を広げていると誤解されてしまうというケースもあるのです。

・間違った害獣駆除による苦情
害獣といえども、その大半は法律によって保護された動物です。そのため、もしも害獣被害に遭っている場合は追い払うのが一般的な対策です。しかし、その方法を間違えれば人間側に被害が及ぶこともあります。例えば、強烈な光や音が周囲の人を驚かせてしまったり、忌避剤の臭いが周囲に広がったりといったことが考えられます。

このように、集合住宅の場合は害獣がきっかけとなって隣人トラブルが発生する事があります。これを防ぐためには、その集合住宅全体で害獣対策の意識を高め、万が一の時のマニュアルをまとめておくと良いでしょう。そして、害獣駆除業者に依頼して被害の発生を防ぐことが何より大切です。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼