最新情報・レポート

大切な農作物を守るために。

今年の梅雨は6月に入ってからは全県的にほとんど雨が降っていない 空梅雨状態が続いており、日本全土で農作物がその被害を受けています。 稲作だけでなく、この時期に水分が足りないことで、野菜の発育が遅れる、 果実が大きくならなかったり、早期落下するなどの影響があり、 収量減が懸念されています。そんな悪状況のうえに、農作物を荒らすアライグマなどの 害獣が発生しては、繁殖率の高い彼らが致命的な被害を及ぼす事になり兼ねません。 被害の拡大を防ぐためにも、天井や床下から物音がする、異臭がする、 食物や農作物がかじられている、などの害獣進入のサインを見つけたら、 24時間受付対応の害獣駆除110番無料相談窓口までお電話ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼