最新情報・レポート

噛みつかれる危険性があります

最近は、私達が住む住宅の直ぐ近く、もしくは屋根裏などの家の中にまでアライグマやイタチ、ハクビシンが侵入するようになりました。こんなに人の近くに来るのは、生息地の減少や、餌が豊富に人家の周りにあるというのが関連しているようです。

写真で見ると愛らしい動物ではありますが、害獣と呼ばれるだけあり、様々なトラブルを引き起こします。一番多いのは、フンや尿による悪臭ですが、最近ではペットのエサを食べたりする図々しい個体もいるようで、そちらの対策もしなければならないと考える方も多いでしょう。

でも、見た目は愛らしいとはいえ野生動物。凶暴な一面も持ち合わせています。もちろん、私達人間に積極的に襲い掛かってくる訳ではありませんが、こちらが何か危害を加えると感じれば、その鋭い牙と爪の餌食になってしまいます。

害獣に噛みつかれたり、ひっかかれたりすると怖いのは、様々な雑菌が傷口から侵入することです。雑菌が傷口から侵入すると、化膿したり、狂犬病をはじめとする様々な人獣共通感染症を引き起こしたりすることがあります。

万が一、噛みつかれたりひっかかれたら、すぐに流水でよく洗浄をして、消毒することが必要です。また、直ぐに病院に言って、害獣に噛みつかれた(ひっかかれた)と伝えることが必要です。洗って消毒したから大丈夫と思っていると、重篤な症状に発展するまで気が付かないことも考えられます。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼