最新情報・レポート

冬場も警戒を忘れずに

寒くなってくると、人間は暖房の聞いたお部屋から離れられなくなってきます。暖かいお部屋で快適に過ごしていると、気になるのが害獣の被害。特に屋根裏のような住環境に近いところに巣を作られてしまうと、害獣の糞尿の臭いが気になるところです。 冬になると暖かい場所のほうがいいのは害獣だって同じことです。人間には寒いと感じるような場所でも、外のように吹きさらしではないと言うだけでも、害獣にとっては巣を作る理由になります。また、エサが豊富なのも人間の家の近くの特徴です。人間には生ゴミでも、害獣たちにはエサとなりますし、そういったものに寄ってくるゴキブリなども餌になる場合があります。 一旦住み着いた害獣は、そこで子を産んで、育て、更にその子が子供を生むというように世代を重ねていきます。 ハクビシンのように何組かの家族が群れを作るような害獣に住み着かれてしまうと、被害も拡大するので早めになんとかしておきたいところです。 害獣の対策としては「入らせない」「追い出す」「近寄りにくくする」というものがよく方法論として取られています。 まず、すでに出入りをされている場合は、追い出し、出入り口を塞ぎます。そうしてから今度は、害獣よけのトラップなどを設置して近寄りにくくするという事が、一般的です。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼