最新情報・レポート

侵入防止に重点を置きましょう

私達が害獣と呼んでいるアライグマやイタチ、ハクビシンにしても、好き好んで害獣と呼ばれているわけではなく、人間の側で勝手にそう認識しているだけで、果樹園や農地を荒らすのも、住宅の屋根裏などに巣を作るのも、生き物として当然の生存本能のさせることです。

とは言うものの、私達も同じ生き物として生活するには、快適に暮らしたいと考えるのもまた当然のことです。

よく、大型の害獣は猟友会などによる害獣駆除が行われていますが、ハクビシンなどの小さな害獣については、侵入防止に重点を置いた対策を取るのがおすすめです。

例えば、何故住宅の屋根裏がハクビシンなどの巣になるかというと、どこかに開口部があるからです。屋根裏空間の換気用のガラリなどが、破損して穴が空いていたり、そもそも外れてなくなっていれば、そこから出入りされても文句は言えませんし、外壁などに穴が空いていても、そこから侵入される恐れがあります。

また、家庭菜園などはネットを周りに張り巡らせ、イタチやアライグマの侵入を防ぐことも必要です。

生ゴミなどは密閉できる容器に入れて置き、害獣の目や鼻で見つけられないようにすることで、エサの供給を断つことにもなり、結果的に家の周囲に害獣を近づけないことにも繋がります。

これらの作業、特に侵入経路の遮断は個人では難しい場合があるので、当サイトにご相談ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼