最新情報・レポート

何故アライグマが増えたのか

害獣駆除業者に依頼される害獣の中でも、アライグマによる被害は特に多いものの1つです。アライグマは、元々日本国内にはいない動物だったのですが、1960年台から1970年台に掛けて、北米からペットや毛皮用として輸入されたものが野生化して、爆発的に勢力圏を広げつつあります。 しかし、何故駆除が必要になるほど数が増えてしまったのでしょうか。 実は日本には、アライグマの天敵になるような大型の肉食哺乳類がいないというのが1つの要因ではないかと言われています。 日本には、元々ニホンオオカミと呼ばれるオオカミの仲間が生息していましたが、生息地や餌の現象、海外からの犬の輸入による伝染病によるもの、人間が駆除を行ったことにより絶滅してしまいました。 もし、ニホンオオカミが絶滅しなかったら、その後のアライグマの野生化はこれほどには鳴らなかったかもしれません。 もちろん、これ以外にもアライグマが増えた要因はあります。 元々アライグマは雑食性ですので、人間の出した残飯なども食べることが出来ました。人間の住む住宅街では、ペットの餌などもあり、更に人間がアライグマに興味本位で餌を与えたりすることもあり、餌に不自由することなく、繁殖が出来たのです。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼