アライグマ・イタチ・ハクビシン駆除の事なら害獣駆除110番TOP > 不衛生な害獣たち

最新情報・レポート

不衛生な害獣たち

害獣と呼ばれる動物は、屋根裏に入って騒音を立てたり、農家の畑を荒らしたり、ということはしばしば耳にする話なのですが。それ以上に人間に関わる根深い被害が存在するのです。飼育されているペットとは違い、躾のされていない動物はそこかしこに糞尿をまき散らすものです。屋根裏から騒音がし始めるのと共に徐々に天井に浮かんでくる、奇妙なシミの正体は、この糞尿なのです。とても不衛生なのは言わずともわかるかと思いますが、不衛生なばかりではなく、長い間、糞尿が堆積した屋根裏の建材は少しずつ腐食し、ついには家の強度まで低下させてしまいます。糞尿に限らず、害獣はいろんな病原体や寄生虫を運んできます。ノミやダニのほか、人間に感染すれば深刻なウィルスの自然宿主である害獣もたくさんいて、健康に被害が出てからでは手遅れなのです。体力や免疫の少ない、子供や年配の方ですと被害に遭いやすいかもしれません。放っておいている間にも、屋根裏の害獣は糞をして、餌を持ち込み、カビやダニを撒き散らしています。被害に気付いたらすぐにでも駆除対策を講じる必要があります。日本全国のご相談に24時間受付対応する、害獣駆除110番へまずはお気軽にご相談ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
他社との比較

害獣駆除に関するよくあるご質問

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿がたまった場所に関しては、清掃と消毒を行わせていただきます。天井板の張替え等も行うことが可能なので、どの範囲まで対応をするかお見積り時にスタッフが説明をさせていただきます。その際何かご要望があればお気軽にご相談ください。

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本的には、再び侵入をさせないために、侵入経路口を塞ぐのですが、それでも対応が出来なかった場合の対応などを、現地スタッフへご確認ください。また別の経路を作っているなど現状が変わっている可能性もあるので、現地スタッフが改めて対応させていただく場合もございます。お客様自身での対応は危険ですので、何かトラブルが合った際は、お気軽にご相談ください。

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は害獣にとって居心地が良い場所だということですので、まず侵入されないようにする事が大切です。餌となる食べ物を放置したり、家の床下や屋根裏に隙間がある時には埋めてしまう必要があります。

回答の詳細はこちら