最新情報・レポート

ペットが害獣になる

1970年代にヒットしたアニメ「あらいぐまラスカル」を覚えていらっしゃいますか?「あらいぐまラスカル」は、11歳の少年スターリングが森で助けた赤ちゃんアライグマに「ラスカル」と名付けて飼育し、やがて友情が芽生えるという物語です。このアニメで描かれるラスカルはとてもけなげで愛らしく、放っておけない存在です。このアニメのヒットにより日本にアライグマブームが到来します。アライグマがペットとして人気を博し、1年間で約1500頭ものアライグマが輸入されたそうです。手をゴシゴシこすりつけて何かを洗うような仕草をすることが名前の由来にもなり、人気の元でもあります。 しかし現在、そのかわいいアライグマは外来種の害獣として問題になっています。一体何が起こったのでしょうか。 問題となるのはまず、アライグマの性質です。アライグマは元々が気性の激しい動物です。赤ちゃんの時は愛くるしいアライグマも、成獣になると凶暴性が増します。オス・メス共に行動範囲が広く運動神経も抜群。鋭い牙を持ち咀嚼力も強いため、小動物を捕獲して食べることもあります。そもそもが家庭のペットとしては不向きな動物なのです。アライグマはもともと日本にはいない動物です。現在害獣として問題視されているアライグマは、ペットとして飼育しきれなくなった人々が捨ててしまい、野生化したものです。 アライグマが害獣駆除の対象となったのは人間が無責任な行動に出た結果の顛末ですが、アライグマにより無視できない被害が発生していることは事実です。農作物被害、家屋への侵入による糞尿被害、家畜への攻撃など、被害は多岐にわたります。特に糞尿被害には気を付けなければなりません。なぜなら、アライグマの糞には人畜共通の寄生虫の卵が産みつけられていることがあるからです。もしもこの寄生虫に感染すると、失明や脳障害を引き起こす危険性があります。 アライグマは気性が激しく攻撃的な動物です。個人で駆除するのはとても危険ですので、必ず業者に依頼してください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼