最新情報・レポート

ハクビシンの被害

ハクビシンはもともと日本に生息していた動物ですがその数は少なく、毛皮生産のために外来種を輸入するようになったことで急増し一部が野生化してしまったと考えられています。 人に対する恐怖心が少ないため、平気で人の生活している場所へ侵入しさまざまな影響を与えています。 代表的な被害例として、果実を好んで食べるためビワ、みかん、桃などを育てている果樹園、ビニールハウスに侵入しては食べあらしてしまう農業被害、民家に住み着いては屋根裏を走り回って騒音やホコリを出したり、糞尿を撒き散らすことで耐え難い悪臭を発生させる住宅被害などがあります。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼