最新情報・レポート

ハクビシンの対策

近年、家での害獣による被害の中でハクビシンによる被害が増えてきました。ハクビシンとは、日本に生息する唯一のジャコウネコ科の動物です。漢字で「白鼻芯」と書く通り、額から鼻にかけて白い線があるのが特徴です。糖度の高い果実を好むため、果樹園の被害が多いですが、生ゴミなどのエサを求めて郊外にまで被害が増加しています。一見可愛い見た目ですが、及ぼす被害は深刻です。その被害は農作物の食害、家畜・ペットの被害、屋根裏に住みつき糞による悪臭・ダニやノミの2次被害、雑菌の媒介などです。では、ハクビシンの被害を防ぐためにはどのようなことをすれば良いのでしょうか?
【餌場をつくらせない】
・農作物を収穫した後は畑に作物を残さない。
・ゴミを庭先などに放置しない、缶ジュースなどは洗って捨てる。
【寝床を作らせない】
・建物周辺の雑草を刈る。
・壁や換気口などに大きな穴がある場合は塞ぐ。(頭が入る穴は侵入可能)
・倉庫など人気のない場所はこまめに見回りをする。
【侵入経路をなくす】
・屋根や畑に移動できそうな木の枝を剪定する。
・寝床から餌場までの草刈りや落ち葉掃除をする。(見通しが良くなると警戒して近づかなくなります)
これらを対策を少しでもしておくことにより、事前にハクビシンの侵入・被害を防ぐことができます。また、ハクビシンは同じ場所を通る習性があるので、このような獣道を見逃さないことも大切です。事前の対策をした上でハクビシンがいると思った場合は、すぐに業者で害獣駆除をしてもらいましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼