最新情報・レポート

ハクビシンの増加原因

ハクビシンが爆発的に増加した原因として、猛禽類や野犬、マタギといった天敵が減少したことが挙げられます。 食性はもともと植物性で、柿やビワ、バナナ等の果実を好んで食べていたそうですが、最近では都市部で目撃されたハクビシンがゴミ等を漁り、動物性のものも口にしているようです。この環境適応能力も増加の原因ではないでしょうか? ドッグフード等も食べるため、ペットに危害を加えられるケースも少なくないようです。 繁殖期について詳しいことは分かっていませんが、ハクビシンの幼獣は4~10月に見られる場合が多いようです。 成獣はほとんど鳴きませんが、幼獣はネコに近い「ミー」という鳴き方をしますので、鳴き声を聞いた際にはお気軽にご相談ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼