最新情報・レポート

ハクビシンの危険性

皆さんは「害獣」について知っていますか?害獣とは病原菌を運び人や家屋に深刻な影響をもたらす動物のことです。この害獣に分類される動物でハクビシンというものがいます。ハクビシンはジャコウネコ科で夜行性の害獣です。一見可愛らしい見た目ですが、このハクビシンによってもたらされる影響はとても危険なのです。ハクビシンは家屋に浸入し住み着く傾向があり、天井裏などで糞尿を撒き散らしたり、足音やなどの騒音の被害をもたらします。最近では田舎だけでなく、都会でも出没するようになり、多くの家庭を困らせる存在です。高い身体能力を持ち、どんな高い所でも上ってしまうので、雨どいなどからいとも簡単に侵入してしまうのです。また、ハクビシンによる被害は騒音被害や異臭被害のみではありません。野生のハクビシンは多くの病原菌や細菌を持ち、糞尿からも細菌が繁殖してしまいます。これにより、住宅に生活する人々の人体に健康被害を与えてしまうことがあるのです。ハクビシンが媒介する恐れのある感染症にはトキソプラズマやサルモネラ症、レプトスピラ症などが知られているので、むやみに近づいたり捕獲しようとしてはいけません。しかし、ハクビシンの糞尿からダニなどが発生し、そのダニが人間を刺してしまうことで感染症にかかってしまうというケースもありますので、糞尿の始末にも気を付けなければ人体に大きな被害を受けてしまいます。ハクビシンのような害獣は駆除や防除がとても難しい上に、危険が伴うので知識を持つ業者に害獣駆除を依頼することが最善の策ではないでしょうか。害獣の防除や駆除に関して不安であれば、害獣駆除業者に相談してみることをご検討ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼