最新情報・レポート

ハクビシンの侵入を防ぐためには

イタチやアライグマが含まれる「害獣」ですが、2008年頃から急増したのがハクビシンです。このハクビシンは頭からしっぽまで約100センチ程の大きさで、猫のような外見を持っているのですが紛れもなく私達人間に危害を加える動物です。驚くべき事にハクビシンはほとんどが住居をねぐらにしているのです。もしかすると、気づいていないだけで屋根裏に潜んでいるかもしれません。しかし一体どこから侵入するのか疑問に思っている方も多いと思います。侵入する場所はその家によって異なりますが、ハクビシンは体長1メートルあるにも関わらずわずか5センチの隙間があれば侵入可能なのです。生態としては、昼間はねぐらで休息し、夜になるとご飯を探し出掛けます。住み着かせない対策としては生ごみを出しっぱなしにしておかない。ペットのエサを放置しておかない。事がありますが、何度追い払ってもやって来る場合は自身の手では触れずに業者に駆除してもらいましょう。ハクビシンにここは安全だと思われてしまったら侵入されてしまいますのでそうなる前に駆除する事が一番の対策です。また、屋根裏に繋がりそうな隙間がある場所が見つけられるのであればそこを塞いでしまう事も有効だと思われます。これはハクビシンに限らず他の害獣にも同じことが言えます。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼