最新情報・レポート

ハクビシンに侵入されないためには?

大切なお住まいをハクビシンのねぐらにされないためには、侵入経路を断つことが重要です。 頭が入る程度の大きさの穴があれば、侵入してくる可能性がありますので、通風口や増築時にできた接続部の空間等、建物に侵入口となるような穴がないかをチェックすることが大切です。 また、ハクビシンは垂直な壁を登ることはできません。 高い塀のある建物にも侵入してきますが、実際には塀を乗り越えているのではなく、庭木等の樹木から飛び移っているのです。 ハクビシン対策は重要ですが、完全に防ぐことは難しいので、被害にお悩みの際にはお気軽にご相談ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼