アライグマ・イタチ・ハクビシン駆除の事なら害獣駆除110番TOP > ハクビシンについて

最新情報・レポート

ハクビシンについて

ハクビシンという動物を知っていますか?名前を聞いても、どんな動物なのかわからない人も少なくないと思います。今回はハクビシンという動物について紹介します。ハクビシンはネコに近い種類の動物のため、ネコに似た姿や大きさをしています。雑食で、木の実や種を食べています。また、ハクビシンは外来種だといわれていますが、日本には古くから生息しているといわれています。そんなハクビシンですが、時に害獣として扱われることがあります。ハクビシンは野菜や果物を好んで食べるため、畑やビニールハウスに侵入して、農作物を食べ荒らしてしまうのです。また、家の屋根裏などに棲みついてしまうと、糞や尿の臭いが発生しますし、夜行性のため足音や鳴き声などの騒音が気になります。ハクビシンは一見すると可愛らしい姿をしている動物ですが、このような被害が発生してしまうため、害獣として扱われているのです。農作物に被害が出たり、家にハクビシンが棲みついてしまったら、駆除を考える人も多いでしょう。しかし、ハクビシンの駆除は自分で駆除をするのは大変ですし、ハクビシンは野生動物なので許可無く捕まえることができません。そのため、ハクビシンによる被害が出てしまったら、駆除を行う業者に依頼しましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
他社との比較

害獣駆除に関するよくあるご質問

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿がたまった場所に関しては、清掃と消毒を行わせていただきます。天井板の張替え等も行うことが可能なので、どの範囲まで対応をするかお見積り時にスタッフが説明をさせていただきます。その際何かご要望があればお気軽にご相談ください。

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本的には、再び侵入をさせないために、侵入経路口を塞ぐのですが、それでも対応が出来なかった場合の対応などを、現地スタッフへご確認ください。また別の経路を作っているなど現状が変わっている可能性もあるので、現地スタッフが改めて対応させていただく場合もございます。お客様自身での対応は危険ですので、何かトラブルが合った際は、お気軽にご相談ください。

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は害獣にとって居心地が良い場所だということですので、まず侵入されないようにする事が大切です。餌となる食べ物を放置したり、家の床下や屋根裏に隙間がある時には埋めてしまう必要があります。

回答の詳細はこちら