最新情報・レポート

ハクビシンという害獣にも要注意です

住宅の屋根裏や軒下に住み着いてしまう害獣のひとつにハクビシンという動物がいます。イタチのような体長で体つきも似ていますが、ジャコウネコ科に属する動物で、ハクビシン(白鼻芯)という名前が示す通り、額から鼻にかけてハッキリとした白い線があるのが特徴です。元々は日本に生息しておらず中国などから毛皮の利用のために輸入された個体が日本に住み着き野生化したと考えられています。日本の山林に住んでいますが、好物が果物ということもあり農家で栽培されているミカン、モモ、ナシなどを食べ荒らすという被害が起きているため害獣駆除の対象となっています。一度エサがあるところを見つけると何度でも訪れるため、農家にとって深刻な被害を与えているのです。そして、農家だけでなくハクビシンは一般の住宅にも住み着き、糞尿による悪臭、衛生状況の悪化などの生活被害をもたらしています。特に野生動物に注意しなければならないのは感染症を媒介することであり、噛みつかれたり引っかかれたりするとその傷口から感染し重大な症状が出てしまうことがあります。これは野生動物全般に言えることであり、見た目が可愛らしいからという理由でつい手を出してしまいそうになりますが、絶対に触れないようにしましょう。特に子供から見るとこういった野生動物にはとても興味を持ってしまい、接触してしまいがちですのでよく言い聞かせておかなければなりません。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼