最新情報・レポート

イタチに注意

イタチは西日本を中心に生息しており、見た目は可愛らしいですが、非常に獰猛な動物です。また、肉食性が強く、ネズミやモグラなどの小動物から、カニなどの甲殻類、鯉やニワトリといったペットや家畜などを襲うこともあります。また、果実なども食べるため、農作物が荒らされた例もあるようです。本来は平野部から低山にかけて生息し、水田や池などで見かけることが多い動物でしたが、最近では住宅街で目撃されるケースが多く、木や垂直な壁も登れるため、住宅へ侵入し住み着くケースが増えています。イタチは住宅に住み着くと基本的には屋根裏や天井裏などを巣として生活します。さらに、天井裏に使われる断熱材を巣にするケースが多く、断熱材がボロボロに剥がされるなどの被害もあります。また、天井裏に住み着いたイタチは夜行性ということもあり、夜になると天井裏で走り回り騒音被害に発展することが特に多いのです。年に2回ほど繁殖期を迎え、1回の出産で3~7匹の子供を産みます。また生まれたばかりの子供の声が騒音被害として報告されたケースもあります。イタチは住み着いた天井を中心に生活するため、トイレも天井裏に造ることがあります。イタチは肉食性が強いため、ハクビシンなどと比べると排泄物の匂いが強く、放置しておくと染みができることもあり、精神的にも衛生的にも良くないといえます。また、ダニやノミなどの害虫も寄生しているため、健康被害につながることもあります。見た目は可愛いイタチですが、放置しておけば様々な被害を受けることになるのです。見かけた際は害獣駆除の業者に依頼し、駆除してもらいましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼