アライグマ・イタチ・ハクビシン駆除の事なら害獣駆除110番TOP > イタチの種類を確認!ちがう動物かも?…糞害・悪臭に注意・害獣対策

最新情報・レポート

イタチの種類を確認!ちがう動物かも?…糞害・悪臭に注意・害獣対策

イタチの種類を確認!ちがう動物かも?…糞害・悪臭に注意・害獣対策

「イタチをよく見かけるようになった」「イタチの被害にあっている」ということでお悩みのときには、放置は厳禁です。野生のイタチはわたしたち人間の生活に害を及ぼすため、害獣とされています。イタチは身体能力が高く、どこからでも侵入できます。知らぬうちに家に巣を作られているおそれもあるのです。巣を作られるのだけは避けたいですよね。

そこでこのコラムでは、イタチの種類を紹介し、適切な対策がおこなえるように予防から駆除、二次被害の対策方法を紹介しています。イタチに悩まされている方はぜひ参考にしてください。

イタチの種類を確かめよう!

イタチのなかにもさまざまな種類があります。見た目などの特徴からイタチの種類を見分け、対策をする際に役立てましょう。日本には、日本固有種のイタチと外来種のイタチが生息しています。地域によっても生息する種類が異なりますので、お住まいの地域とあわせて見分けてください。

イタチの生態

イタチはネコ目イタチ科と分類されています。ネコ目ということから、鳥や魚などを食肉しますが、果物や木の実も食べるので雑食です。もともとはエサを求めて川や池などの水辺にいることが多かったのですが、最近はエサが豊富な人家に住むことが増えています。

人家に住む際には、天井裏に巣を作ることが多く、自分で仕留めたネズミや鳥、もしくは家にあった生ごみをエサとします。

よく見かけるイタチ2種

日本でとくによく見かける2種からまずは紹介します。この2種は広範囲に生息し、目撃されることが多いです。

〇ニホンイタチ
日本固有種のイタチであり、北海道・本州・四国・九州に生息しています。体は茶褐色や黄褐色で、顔には濃褐色の斑紋があります。体長は16~37センチメートルです。冬眠することがなく年中活動しています。活動時間も決まっておらず、昼夜通して活動しているため一番よく見かける種類なのではないでしょうか。

〇チョウセンイタチ
1949年ごろに朝鮮半島から侵入したとされています。本州西部・四国・九州・対馬と比較的温暖な地域に生息しています。毛の色は冬には黄褐色で夏には暗い色に変わり、顔には濃褐色の斑紋があります。体長は25~39センチメートルです。基本的に夜行性であり、人に被害を及ぼすのはこのチョウセンイタチが多いといわれています。

イタチによく似た種類の動物もいる!見分け方のコツ

イタチによく似た種類の動物もいる!見分け方のコツ

「イタチの被害に遭っている……」と思いきや、じつはイタチによく似た害獣をイタチと見間違えていることがあります。ここからはイタチに似た種類の生き物の特徴や見分け方のコツを紹介します。

イタチに似た動物の特徴

イタチと同じくイタチ科の動物や、イタチ科ではないがイタチに似ている動物をご紹介します。種類によって生息域や特徴が異なりますので、イタチと見分ける際にはどうぞご活用ください。

〇フェレット
フェレットはイタチと同じく、ネコ目イタチ科に属しています。イタチを品種改良したもので、ペットとして飼われることも多いです。しかし、逃げ出したり捨てられたりしたものが、人に害をあたえることがあります。体長は30~45センチメートルで、毛の色は淡い茶色で顔には褐色の斑紋があり、白イタチと呼ばれることがあります。

〇テン
テンもネコ目イタチ科に分類されています。生息地は主に北海道ですが、四国や九州、対馬にもみられます。体長は40~55センチメートルです。日本国内では、ホンドテンという種類がよくみられます。低山地から高山域で生息しており、夜行性です。

体は褐色ですが、顔の毛は夏になると黒く、冬になると白色に変わります。キテンという黄色の毛色となる種類もあります。

〇オコジョ
オコジョはイタチ科に分類されています。日本では、北海道に生息するエゾオコジョと東北から中部地方にかけて生息するホンドオコジョがいます。どちらも絶滅危惧種に指定です。体長は14~24センチメートルほどで小柄です。毛の色は、夏場は背が褐色で腹部が白くなり、冬になると全身白く変わります。

〇ハクビシン
ハクビシンはネコ目ジャコウネコ科に属しています。外来種であり、日本では東日本や四国で主に生息しています。体長は50~70センチメートルと大きめであることから、タヌキに間違われることもあります。体は褐色で、顔や手足は黒い色をしています。名前の通り、額から鼻にかけて白い線が通っていることが特徴です。

野生のイタチや害獣はどう猛です。種類を特定しようと近づくことは大変危険ですので、見かけてもむやみに近づくことは避けてください。次の項目では、特徴別にイタチとの見分け方を紹介しています。

イタチと見分ける方法

イタチと他の種類を見分けるためにいくつか項目に分けました。個体差があるため、すべてこの通りではありませんが、参考にしてみてください。

〇大きさで見分ける

  • ~20センチメートル:イタチ・オコジョ
  • 20~30センチメートル:イタチ・オコジョ
  • 30~40センチメートル:イタチ・フェレット
  • 40センチメートル以上:フェレット・テン・ハクビシン

〇毛の色で見分ける

  • 身体が褐色:イタチ・フェレット・テン・オコジョ(夏)・ハクビシン
  • 身体が黄色:テン(キテン)
  • 顔だけ濃い色:イタチ・テン
  • 身体が白い:オコジョ(冬)
  • 腹部が白い:オコジョ
  • 顔に白い線が入っている:ハクビシン

〇鳴き声で見分ける

  • イタチ:「キーキー」「ククク」
  • フェレット:「キューキュー」「コッコ」
  • テン:「ギャオーギャー」
  • オコジョ:「ジジジッ」「キュッキュ」
  • ハクビシン:「キッキッ」

〇フンで見分ける

  • イタチ:細長い形・6センチほどの大きさ・くさい
  • フェレット:細長い形・屋内でみかける
  • オコジョ:太い形・毛が混じる・くさい
  • ハクビシン:丸い形・15センチメートルほどの大きさ・野菜などの種が混ざっている
  • テン:細長い形・10センチメートル大きさ・毛が混ざっている・くさい

大きさや毛の色、鳴き声で判別することができますが、近寄るのは大変危険です。もしも、フンを残していった場合には、フンの特徴から判別することが安全な方法といえます。掃除をする際には、どんなものであったのか軽く観察し、写真に収めておくと判別しやすいです。

イタチは害獣なの?人に及ぼす被害とは

イタチはその可愛らしい見た目から、害獣というイメージはないかもしれません。しかし、イタチも害獣とされるひとつで、わたしたち人間の生活を脅かす存在であるのです。

イタチは垂直な壁を上ることができ、数センチの穴があれば通り抜けることが可能です。住宅の屋根裏に侵入し、巣をすくってしまうと断熱材を荒らし、フンや尿で汚します。この糞害は臭いだけでなく、フンや尿によって天井にシミができたり、腐朽したりなど、住宅の破損の原因ともなるのです。

また、イタチが屋根裏に住むことによって、イタチに寄生したダニが家中に発生し、アレルギー症状が起きることがあります。お子様がいる場合には注意が必要です。

それだけでなく、畜産や農作物にも食害がおよぶおそれがあります。イタチは雑食ですが、とくに肉を好みます。ニワトリにもおそいかかってしまうことがあるのです。果物も食べることから、農産物を食い荒らされてしまうことも考えられます。

イタチ対策|予防から駆除後の二次被害対策まで~

イタチ対策|予防から駆除後の二次被害対策まで~

イタチの被害にあわないためには、予防が必要です。現在、すでにイタチの被害を受けているというときには、駆除をしてから二次被害を防ぐために予防をしておくことで再発を防ぐことができます。

自分でできる予防法3つ

自分で対策できる予防法を3つご紹介しています。予防に必要な道具はホームセンターなど身近な場所で用意できるため、お手軽に予防ができます。発生してからでは、駆除するのはなかなか大変です。あらかじめ対策をしておきましょう。

1.侵入口となるすき間を埋める
屋根のすき間やエアコンの配管のすき間から侵入してくるおそれがあります。すき間は住宅用の穴埋め用のパテやネットを用いて埋め、侵入を防ぎましょう。

2.エサとなるものを取り除く
イタチは雑食であることから、鳥を食べることがあります。家に鳥の巣が作られているときには取り除いてください。

3.ニオイで寄せ付けない
イタチはニオイに敏感です。イタチの嫌うニオイを漂わせることによって侵入を防ぐことができます。イタチは、木酢や燻煙、石鹸の香りを嫌います。それらを設置してもよいですし、ホームセンターなどでイタチを寄せ付けないニオイのするスプレーがあります。それらを用いて寄せ付けないようにしましょう。

イタチが発生した!駆除方法

イタチ予防をしていなかったり、予防をしていても不十分であったりすると家の屋根裏などに住み着いてしまうことがあります。そんなときには、はやめの駆除が肝心です。

〇ニオイで追い出す
予防法でも紹介したように、イタチはニオイに敏感です。イタチの嫌うニオイをイタチの侵入口としている場所や巣に漂わせることで追い出すことができます。

〇自分で捕獲する
イタチの通り道となる場所に捕獲機を設置する方法です。この方法をおこなうには、まず自治体に許可を得なくてはなりません。各都道府県で捕獲許可を取ってから設置しましょう。

イタチを捕獲するには、エサを捕獲機に入れてしばらく置いておきます。少なくても1日1回は確認し、効果がみられないときには場所を変更して設置してください。

もし、メスのイタチがひっかかったときには、森林などに速やか逃がさなければなりません。メスは鳥獣保護法という法律で保護されており、駆除できないのです。次の項目で鳥獣保護法について解説します。

イタチは鳥獣保護法によって保護されている

鳥獣保護法とは、正確には「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」のことです。これにより、鳥獣の捕獲は原則禁止されています。しかし、害獣による被害があり、被害の防止に捕獲が必要となる場合には、許可を取ることによって捕獲ができるようになるのです。

許可をもらうには、都道府県知事などの権限者に申請をしなければなりません。イタチの場合には、捕獲の許可を得られたとしても、捕獲は「オス」のみとなります。自分で捕獲をおこなう際には、オスとメスの見分けをつけて適切な対処をしましょう。もしも、自分で判断するのが難しい場合には、プロに相談してみましょう。

二次被害を防ぐには

イタチが家に住み着いてしまうと、農作物が荒らされたり、家が汚されてしまったりするだけでなく、アレルギーの発症などの原因となってしまうことがあります。ダニはアレルギーを発生させやすい昆虫です。

ダニアレルギーとなると、アトピー性皮膚炎や小児ぜん息などの原因のひとつとされています。とくにお子様とお住まいの場合には、イタチが住み着いている場合にはアレルギー症状が出やすいため早急に対処しましょう。

まとめ

イタチは家に住み着いてしまうとわたしたち人間に害をあたえます。同じイタチでも、イタチの種類によって生態が異なったり、イタチに似た別の害獣であったりすることもあります。「イタチかも?」と思ったら、特徴から種類を特定して適切な対象をおこなうことが大切です。

イタチの駆除をしようとお考えでも、イタチは鳥獣保護法によって保護されていることから、許可を得たり、またはオスだけしか捕獲できなかったりと、さまざまな制限がかけられています。自分で駆除をおこなう自信がないときには、業者に依頼してみるのもよいでしょう。弊社では年中無休で電話相談を受け付けています。駆除をお考えでしたらいつでもご相談ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣駆除に関するよくあるご質問

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら