アライグマ・イタチ・ハクビシン駆除の事なら害獣駆除110番TOP > イタチから受ける被害

最新情報・レポート

イタチから受ける被害

日本に生息するイタチは、全部で5種類ほど居ますが、都市部で問題になるのは主に、明治時代以降
に日本に毛皮生産の為に持ち込まれたチョウセンイタチが殆どです。
イタチは夜行性といわれていますが、周囲の環境によっては昼行性になるなど、環境への適応能力が
高い動物で、食性は肉食で、ネズミや鳥類を捕食しています。
イタチによる被害で代表的なものは、家屋の屋根裏などへの侵入による夜間の騒音、また縄張り意識
が強い動物なので、同じ場所に糞尿をすることからそれによる悪臭、天井板の損傷があります。
更に、イタチ自体に寄生するノミなどの吸血性昆虫による被害も報告されています。
また、イタチは捕食した獲物を、一旦安全な場所に隠してから食べることから、それらの獲物に発生
する害虫による被害や、悪臭による被害も見られるようです。
イタチ駆除には専門の知識と器具、また市町村の許可が必要な場合もありますので、イタチ被害でお
悩みの方は、専門業者にご相談して頂くことをお勧め致します。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
0120-949-085
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
他社との比較

害獣駆除に関するよくあるご質問

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら