最新情報・レポート

アレルギーに注意

湿気の多い時期になると、アレルギーの原因となるカビやノミ・ダニ等が発生しやすくなってしまいます。 害獣の糞尿を放置していたり、気付かないうちに動物の死骸が運びこまれていたりすると、アレルゲンが発生する危険性が高まりますので、さらに注意が必要です。 糞尿被害のある場合、天井等にできたシミや、臭いで気付く場合がありますが、早めに気付き対処をしなければ、被害は広がる一方です。 梅雨時期には害獣の活動が活発になり、相談件数も増えます。 深夜の物音や臭い、天井の見覚えのないシミ等がございましたら、害獣調査のため、一度駆除業者や相談窓口に相談されることをお勧め致します。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼